富士フイルム、「X-H1」「X-T2」「X-Pro2」「X-E3」「X100F」「X-T20」「GFX 50S」の最新ファームウェアを公開(※追記あり)


富士フイルムは、「X-H1」「X-T2」「X-Pro2」「X-E3」「X100F」「X-T20」「GFX 50S」「XC15-45mmF3.5-5.6 OIS PZ」の最新ファームウェアを公開すると4月12日に発表しました。(※追記:ファームウェアが公開されました)

「FUJIFILM X-H1」 「FUJIFILM X-T2」 「FUJIFILM X-Pro2」 「FUJIFILM X-E3」 「FUJIFILM X100F」の最新ファームウエアを無償提供
X-T20のファームウエアの更新
進化し続ける大型センサー搭載の中判ミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM GFX 50S」の最新ファームウエアを無償提供
フジノンレンズ XC15-45mmF3.5-5.6 OIS PZのファームウエアの更新
  • 富士フイルムは、「X-H1」「X-T2」「X-Pro2」「X-E3」「X100F」「X-T20」「GFX 50S」「XC15-45mmF3.5-5.6 OIS PZ」の最新ファームウェアを公開する
  • FUJIFILM X-H1 (Ver. 1.1.0)】
    2018年5月公開
    - フォーカスブラケット機能追加
    - シネマレンズ「フジノンレンズ MKX18-55mmT2.9」「フジノンレンズ MKX50-135mmT2.9」に対応
    - 撮影モード時の情報表示内容の拡大表示とカスタマイズ設定
    - 動画撮影中の像面位相差AF性能の向上
    - 静止画撮影時の像面位相差AFの機能拡張
    - スマートフォン・タブレット端末専用アプリケーション「FUJIFILM Camera Remote」を介した機能強化
    - 手ブレ防止モードのFnボタン割り当て追加
    ※2018年6月13日に公開されました。
  • FUJIFILM X-T2 (Ver. 4.0.0)】
    2018年5月公開
    - フォーカスブラケット機能追加
    - シネマレンズ「フジノンレンズ MKX18-55mmT2.9」「フジノンレンズ MKX50-135mmT2.9」に対応
    - 撮影モード時の情報表示内容の拡大表示とカスタマイズ設定
    - F-Log SDカード記録に対応
    - FULL HDハイスピード撮影に対応
    - 像面位相差AF性能の向上
    - フリッカー低減機能追加
    - フォルダー選択・フォルダー作成機能追加
    ※2018年6月13日に公開されました。公開されたバージョンは4.10で、4.00の不具合修正を含んでいます。
  • FUJIFILM X-Pro2 (Ver. 5.0.0)】
    2018年5月公開
    - 撮影モード時の情報表示内容の拡大表示とカスタマイズ設定
    - 像面位相差AF性能の向上
    - フリッカー低減機能追加
    - フォルダー選択・フォルダー作成機能追加
    ※2018年7月に延期されました。
  • FUJIFILM X-E3 (Ver. 1.2.0)】
    2018年4月下旬公開
    - RAW現像ソフト「FUJIFILM X RAW STUDIO」に対応
    - PCソフトウエア「FUJIFILM X Acquire」を使用したカメラ設定の保存・読み出しに対応
    - フジノンレンズ XC15-45mmF3.5-5.6 OIS PZに対応
    - フラッシュの無線コントローラー制御に対応
    - 表示内容の拡大表示とカスタマイズ設定
    - スマートフォン・タブレット端末専用アプリケーション「FUJIFILM Camera Remote」を介した機能強化
    ※2018年4月26日に公開されました。
  • FUJIFILM X100F (Ver. 2.1.0)】
    2018年4月下旬公開
    - 撮影モード時の情報表示内容の拡大表示とカスタマイズ設定
    ※2018年4月26日に公開されました。
  • FUJIFILM X-T20 (Ver. 2.00)】
    - 動く被写体への追従性を強化
    - タッチパネル操作性の向上
    - RAW現像ソフト「FUJIFILM X RAW STUDIO」に対応
    - PCソフトウエア「FUJIFILM X Acquire」を使用したカメラ設定の保存・読み出しに対応
    - フジノンレンズ XC15-45mmF3.5-5.6 OIS PZに対応
    - フラッシュの無線コントローラー制御に対応
    - RGBヒストグラム表示、ライブビューハイライト警告表示機能追加
    - 撮影モード時の情報表示内容の拡大表示とカスタマイズ設定
    - 顔検出時の露出最適化
  • GFX 50S (Ver.3.10)】
    2018年5月公開
    - フジノンレンズ GF250mmF4 R LM OIS WRに搭載された新機能に対応
    - フリッカー低減機能追加
    - フォルダー選択・フォルダー作成機能追加
    - 撮影モード時の情報表示内容の拡大表示とカスタマイズ設定できる情報表示拡大モード(EVF/LCD)追加
    - 35mmフォーマットモードのFnボタン割り当て追加
    ※2018年7月に延期されました。
  • フジノンレンズ XC15-45mmF3.5-5.6 OIS PZ (Ver.1.01)】
    - 電源ON/OFF時のレンズ駆動安定性を高めた

富士フイルムは他のメーカーではあまり見ない規模でファームウェアの更新を行って驚きですね。多くはまだファームウェア更新の予告なので公開はされていません。
この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

FUJIFILM X-H1

GFX 50S

ファームウェア

売れ筋ランキング
コメント
コメントを投稿する