富士フイルム、「GF250mmF4 R LM OIS WR」「1.4倍テレコン」「マクロエクステンションチューブ」を発売


富士フイルムは、「GF250mmF4 R LM OIS WR」と「GF1.4X TC WR」と「マクロエクステンションチューブ」を発売すると4月12日に発表しました。

35mmフルサイズの約1.7倍のセンサーを搭載した中判ミラーレスデジタルカメラ「GFXシリーズ」用交換レンズに望遠タイプが初登場 放送・シネマ業界で採用されている「FUJINONレンズ」の技術で、超高解像力と豊かなボケ味を実現した最高級レンズ「フジノンレンズ GF250mmF4 R LM OIS WR」新発売 : ニュースリリース | 富士フイルム
  • 富士フイルムは、「GF250mmF4 R LM OIS WR」と「GF1.4X TC WR」と「マクロエクステンションチューブ」を発売する
  • 「フジノンレンズ GF250mmF4 R LM OIS WR」は中判フジフイルムGマウント用の交換レンズ
  • 35mm判換算で198mm相当の焦点距離をカバー
  • 5.0段分の強力なレンズ内手ブレ補正を搭載
  • 防塵・防滴・-10℃の耐低温構造を採用
  • メーカー希望小売価格は44万3500円(税別)
  • 「フジノン テレコンバーター GF1.4X TC WR」は中判「GFXシリーズ」用のテレコン
  • 主レンズの光学性能を最大限に引き出しながら、焦点距離を1.4倍に拡大
  • メーカー希望小売価格は11万500円(税別)
  • 「MCEX-18G」と「MCEX-45G」はマクロエクステンションチューブ
  • 高い撮影倍率でマクロ撮影が可能になる
  • 全長約18mmの「MCEX-18G」と約45mmの「MCEX-45G WR」を用意
  • メーカー希望小売価格はそれぞれ4万9500円

どちらも中判ミラーレスカメラ「GFX 50S」用の交換レンズとアクセサリーです。Gマウントレンズはこれで計7本がラインナップされることになります。富士フイルムの開発ペースは非常に早いですね。

この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

GF250mmF4 R LM OIS WR

売れ筋ランキング
コメント
コメントを投稿する