「FE 400mm F2.8 GM OSS」は一番のフォトスポットになっていました。【ソニー・ニコン編】


「FE 400mm F2.8 GM OSS」は一番のフォトスポットになっていました。【ソニー・ニコン編】

パシフィコ横浜で開催している「CP+2018」のソニー・ニコンブース編です。

ソニーのブースは面積が大きい上に大盛況でした。全てのブースで一番人気だったと思います。
「CP+2018」に行ってきました。 1

カメラ・レンズが展示されています。
「CP+2018」に行ってきました。 2

「FE 400mm F2.8 GM OSS」はフォトスポットになっていました。
「CP+2018」に行ってきました。 3

インパクト抜群でパンダ的人気です。
「CP+2018」に行ってきました。 4

並んでようやく「α7 III」がハンズオンできました。オートフォーカスは動かない被写体に関しては「α9」とほぼ同じパフォーマンスですが、連写中の動体撮影などでは「α9」のほうが上とのことです。シャッター音が初代と比べて良くなっているのが印象的でした。

CP+にはα7シリーズのカメラを持っている人がとても多くてビックリしました。ソニーはカメラ市場で圧倒的な存在感があると思います。
「CP+2018」に行ってきました。 5

次はニコンブースです。
「CP+2018」に行ってきました。 6

カメラ製品の展示スペースがあります。
「CP+2018」に行ってきました。 7

「SPACE CAMERA」という特別展示がありました。ニコンは新製品を発表しなかったので、セミナーが中心のブースになっていました。カメラとレンズをリクエストしてニコンスタッフから説明を受けられるスペースもありました。
「CP+2018」に行ってきました。 8

参考になれば幸いです。
この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

CP+2018

売れ筋ランキング
コメント
コメントを投稿する