ニコン、「D500」「ゆがみ補正データ」の最新ファームウェアを3月1日に公開


ニコンは、「D500」の最新ファームウェアと各カメラの「ゆがみ補正データ」を3月1日に公開しました。

一眼レフカメラ「D500 Ver. 1.14」用ファームウェア、「ゆがみ補正データ Ver. 2.017」のダウンロードを開始 | ニコンイメージング
  • ニコンは、「D500」の最新ファームウェアと各カメラの「ゆがみ補正データ」を公開した
  • 【D500 C:Ver.1.14】
    [再生メニュー]>[画像コピー]をする際、マルチバッテリーパック「MB-D17」に充電されたバッテリーが装着されていても、カメラ本体に充電されたバッテリーが入っていないと[画像コピー]ができない現象を修正
  • 【ゆがみ補正データ】
    D5、D4S、D4、D850、D810A、D810、D800E、D800、Df、D750、D610、D600、D500、D7500、D7200、D7100、D7000、D5600、D5500、D5300、D5200、D3400、D3300、D3200、D90が対応カメラ

ゆがみ補正データの「対象レンズデータ」はニコンのサイトでリストが公開されています。ゆがみ補正データは、たる型の歪みや糸巻き型の歪みを補正できる機能です。
URL:Nikon | Download center | ゆがみ補正データ
この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

D500

ファームウェア

売れ筋ランキング
コメント
コメントを投稿する