ニコン、「Df」「D810/A」「D4/S」「D800/E」「D7200」「D7100」の最新ファームウェアを公開


ニコンは、「Df」「D810」「D810A」「D4S」「D4」「D800」「D800E」「D7200」「D7100」の最新ファームウェアを2月27日に公開しました。

一眼レフカメラ「Df Ver. 1.02」、「D810 Ver. 1.13」、「D810A Ver. 1.03」、「D4S Ver. 1.33」、「D4 Ver. 1.11」、「D800 Ver. 1.11」、「D800E Ver. 1.11」、「D7200 Ver. 1.03」、「D7100 Ver. 1.04」用ファームウェアのダウンロードを開始 | ニコンイメージング
  • ニコンは、「Df」「D810」「D810A」「D4S」「D4」「D800」「D800E」「D7200」「D7100」の最新ファームウェアを公開した
  • 【共通の更新内容】
    AF-Pレンズ使用時に下記の対応
    - ピント合わせを行った後、カメラの半押しタイマーがオフになり、再び半押しタイマーがオンになった際にピント位置が変わらないようになる
    - マニュアルフォーカス時、フォーカスリングを回し続けて無限遠や撮影最短距離に到達している事が分かるように、ファインダー内のピント表示が点滅するようになる(ライブビュー撮影時には、画像モニターのフォーカスポイントが点滅する)
  • 【Df】
    下記の現象を修正
    - カメラで[カスタムメニュー]>d10[露出ディレーモード]を設定してから、Camera Control Pro 2から撮影すると、撮影できているにも関わらず「撮影できませんでした」とエラーメッセージが出る場合がある
    - オートフォーカスが可能な電磁絞りのレンズ(Eタイプ)との組み合わせにおいて、ライブビューで静止画撮影をすると適正な露出にならない場合がある
  • 【D810、D810A】
    以下の現象を修正
    - [マイク感度]>[マイク感度 オート]に設定して動画記録をすると、マイク感度が正しく調整されていない場合がある
    - 多重露出撮影で、カメラの操作ができなくなり画像が記録されない場合がある
  • 【D4S、D4、D800、D800E】
    - AF-P DXレンズに対応
  • 【D4、D800、D800E】
    - カメラで[カスタムメニュー]>d10[露出ディレーモード]を設定してから、Camera Control Pro 2から撮影すると、撮影できているにも関わらず「撮影できませんでした」とエラーメッセージが出る場合がある
  • 【D7200】
    下記の現象を修正
    - [マイク感度]>[マイク感度 オート]に設定して動画記録をすると、マイク感度が正しく調整されていない場合がある
  • 【D7100】
    下記の現象を修正
    - オートフォーカスが可能な電磁絞りのレンズ(Eタイプ)との組み合わせにおいて、ライブビューで静止画撮影をすると適正な露出にならない場合がある

更新内容はAF-Pレンズや電磁絞りのEタイプレンズなどに対応する内容が多く、新しいレンズでも快適に使うことができそうですね。機種によっては不具合の修正も含まれているのでアップデートしたほうが良さそうです。

この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

Df

D810

D810A

D4S

D4

D800

D800E

D7200

D7100

ファームウェア

売れ筋ランキング
コメント
コメントを投稿する