ケンコー・トキナー、メッツの小型ストロボ「mecabiltz M400」を発売


ケンコー・トキナー、メッツの小型ストロボ「mecabiltz M400」を発売

ケンコー・トキナーは、ドイツ・メッツ社のストロボ「mecabiltz M400」を2月9日に発売すると発表しました。

メッツ社新製品:コンパクトでパワフルなストロボ「mecabiltz M400」発売のお知らせ | 新製品情報 | ケンコー・トキナー
  • ケンコー・トキナーは、「mecabiltz M400」を発売する
  • 「Compact and powerful」のコンセプトで開発された、ドイツ・メッツ社の小型ストロボ
  • 各社のTTL、ハイスピードシンクロ、多彩な発光モードに対応
  • ガイドナンバー最大40(ISO100時)、モーターズーム機能(24-105mm)、取り外し可能なリフレクター、内蔵広角ディフューザー(12mm)に対応
  • 背面に有機ELディスプレイを装備
  • 動画撮影用のLEDビデオライトを内蔵
  • キヤノン、ニコン、オリンパス/パナソニック、ペンタックス、ソニー、富士フイルム用をラインナップ
  • サイズは幅65x高さ92.2x奥行き86.8mm、質量約220g(電池を除いたキヤノン用)
  • 販売価格は4万円前後

近いコンセプトのストロボにはニッシンデジタルの「i40」があります。販売価格は2万3000円前後なので、「mecabiltz M400」とどのような機能の違いがあるのか気になりますね。

この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください。引用も自由にどうぞ!

mecabiltz M400

売れ筋ランキング
コメント
コメントを投稿する