ソニー、「RX0」のカメラコントロールボックス「CCB-WD1」を発売


ソニーは、「RX0」のカメラコントロールボックス「CCB-WD1」を発売すると1月19日に発表しました。

カメラコントロールボックス『CCB-WD1』発売 および 『RX0』のソフトウェアをアップデート | プレスリリース | ソニー
  • ソニーは、カメラコントロールボックス「CCB-WD1」を発売する
  • 防水のタフネス構造を持ったサイバーショット「RX0」用のアクセサリー
  • PCからLANケーブル経由でカメラコントロールが可能
  • 有線マルチカメラソリューションでは、離れた場所に設置した最大100台の「RX0」を手元にある1台のパソコンからリモートコントロールできる
  • 無線マルチカメラソリューションでは、操作できる台数を従来の最大5台から最大50台まで拡大
  • 発売日は2月16日で、メーカー希望小売価格は7万円
  • 1月19日から受注予約を開始する受注生産品

「RX0」を複数使用して様々な視点(方向)から被写体を撮影する「多視点撮影」では今までにない映像が撮影できそうですね。最大100台の撮影に対応する「RX0」用のファームウェアが近日公開されるとのことです。

この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

CCB-WD1

RX0

売れ筋ランキング
コメント
コメントを投稿する