ソニー、海外で「E 18-135mm F3.5-5.6 OSS」と「α6300 シルバー」を発表(※追記あり)


ソニーは、海外で「E 18-135mm F3.5-5.6 OSS」と「α6300」シルバーカラーを1月5日に発表しました。(※追記:E 18-135mmが日本国内でも発表されました)

Sony Adds High Magnification, High Quality 18-135mm F3.5-5.6 APS-C... - Sony UK
  • ソニーは、海外で「E 18-135mm F3.5-5.6 OSS」と「α6300」シルバーカラーを発表した
  • 「E 18-135mm F3.5-5.6 OSS」はソニーEマウントでAPS-C用の交換レンズ
  • 35mm判換算で27-202.5mm相当の焦点距離をカバー
  • 最短撮影距離0.45m、最大撮影倍率0.29倍でクローズアップ撮影が可能
  • レンズ内手ブレ補正「OSS」を搭載
  • 最大径67.2mm×長さ88mm、質量325gの小型軽量サイズ
  • 海外では2月に598ドル(6万7000円前後)で発売
  • 「α6300」(2016年3月11日発売)のシルバーカラーモデルも海外で発売される
  • ※追記:「E 18-135mm F3.5-5.6 OSS」が日本国内でも発表されました。2月2日の発売予定で、価格は8万円前後です。

どちらも日本国内での発表情報はまだありません。「E 18-135mm F3.5-5.6 OSS」はAPS-C用の標準ズームレンズとして使い勝手が良さそうなので是非とも国内で発売して欲しいですね。

この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください。引用も自由にどうぞ!

E 18-135mm F3.5-5.6 OSS

α6300

売れ筋ランキング
コメント
コメントを投稿する