リコー、「RICOH THETA V」の最新ファームウェアVer.1.20.1を12月20日に公開


リコーは、「RICOH THETA V」と「RICOH THETAアプリ」の最新ファームウェアを12月20日に公開しました。

『RICOH THETA V』本体のファームウェアバージョンアップのお知らせ
RICOH THETA アプリ バージョンアップのお知らせ
  • リコーは、「RICOH THETA V」と「RICOH THETAアプリ」の最新ファームウェアを公開した
  • 【RICOH THETA V、Version 1.20.1】
    - 動画撮影時の回転ぶれ補正機能を搭載(天頂補正ありでスマートフォンに転送した場合)
    - 動画撮影時の被写体ぶれを低減
    - パープルフリンジを低減
    - 3Dマイクロフォン(TA-1)で録音したときに空間音声効果が弱くなってしまう不具合を解消
    - オートシャットダウンまでのデフォルト時間を48時間→18時間に変更
  • 【RICOH THETA アプリ】
    Android
    - スマートフォンアプリから「RICOH THETA V」本体ファームウェアのバージョンアップができるようになる

    パソコン用アプリケーション「YouTube用変換アプリ THETA Movie Converter」
    - 変換した動画をYoutubeに投稿すると空間音声効果が弱まってしまう場合がある不具合を解消
    - Facebookに対応

スマートフォンアプリから「RICOH THETA V」本体のファームウェアを更新できるようになりましたが、ファイルは約700MBになる可能性があるとのことです。通信量が多く、時間も掛かるようなので気をつけて更新したほうが良さそうですね。

この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください。引用も自由にどうぞ!

RICOH THETA V

ファームウェア

売れ筋ランキング
コメント
コメントを投稿する