「ZenFone 4 Selfie」と「ZenFone 4 Selfie Pro」の違い


エイスース「ZenFone 4 Selfie (ZD553KL)」と「ZenFone 4 Selfie Pro (ZD552KL)」の違いを比較しました。

「ZenFone 4 Selfie」は2017年12月12日に発表された台湾エイスースのスマートフォンです。すでに2017年9月23日に発売されている「ZenFone 4 Selfie Pro」と外観・スペックを比較してみました。どちらもSIMロックフリーの機種です。

「ZenFone 4 Selfie」と「ZenFone 4 Selfie Pro」 1
「ZenFone 4 Selfie」と「ZenFone 4 Selfie Pro」の正面比較

「ZenFone 4 Selfie」と「ZenFone 4 Selfie Pro」 2
「ZenFone 4 Selfie」と「ZenFone 4 Selfie Pro」の背面比較

「ZenFone 4 Selfie」と「ZenFone 4 Selfie Pro」 3
「ZenFone 4 Selfie」と「ZenFone 4 Selfie Pro」を重ねた比較画像。「ZenFone 4 Selfie Pro」が赤色です。

共通の特徴
  • 「ZenFone 4 Selfie」と「ZenFone 4 Selfie Pro」はどちらも、前面の「デュアルレンズカメラ」が特徴のスマートフォンです。片方に標準画角のメインカメラを搭載し、もう片方には約2倍ワイドな120°の広角カメラを搭載しています。カメラは瞬時に切り替えて使用することができるので、自分撮り(セルフィー)に拘ったアングルで撮影することができます。背景をぼかして被写体を浮かび上がらせる「ポートレートモード」や、「SelfieMaster」アプリによる「美人エフェクト」、背面と正面の両方に設置された簡易照明の「LEDフラッシュ」など、セルフィー機能が非常に充実しています。

異なる特徴
  • 【クラスと価格】
    「ZenFone 4 Selfie」はエントリークラス向けの機種に対し、「ZenFone 4 Selfie Pro」はミドル~ミドルハイクラス向けです。販売価格は「ZenFone 4 Selfie」が2万円台ですが、「ZenFone 4 Selfie Pro」は4万円台です。「ZenFone 4 Selfie」は「ZenFone 4 Selfie Pro」より全体的なスペックが抑えられていますが、十分な機能を持ったコストパフォーマンスに優れたスマートフォンです。
  • 【SIMとmicroSDスロット】
    「ZenFone 4 Selfie」はSIMカードのスロットが2つ、microSDカードのスロットが1つ搭載されているので、2枚のSIMカードを使用するデュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)時でもmicroSDカードを同時使用できます。「ZenFone 4 Selfie Pro」はSIMカードのスロットが2つ搭載されていますが、microSDカードのスロットがなく排他利用になるので同時使用はできません。どちらもSIMカード2枚でLTE回線を同時に使用することはできません。
  • 【プロセッサー】
    「ZenFone 4 Selfie」はSoCにミドルクラスの「Snapdragon 430」が搭載されていますが、「ZenFone 4 Selfie Pro」はより高性能なミドルハイクラスの「Snapdragon 625」が搭載されています。
  • 【ディスプレイ】
    「ZenFone 4 Selfie」はHD(1280x720)の「IPS液晶ディスプレイ」が搭載されているのに対し、「ZenFone 4 Selfie Pro」は有機ELでフルHD(1920x1080)の「AMOLEDディスプレイ」が搭載されています。有機ELはコントラストが良く画質面で優れていますが、価格が高価くなるデメリットもあります。「ZenFone 4 Selfie Pro」はディスプレイの強度が高い「Gorilla Glass 3」が採用されていますが、「ZenFone 4 Selfie」には表記が見当たりません。
  • 【ジャイロスコープ】
    「ZenFone 4 Selfie」はジャイロセンサーが非搭載ですが、「ZenFone 4 Selfie Pro」は搭載されています。ジャイロセンサーは角度速度を検出するセンサーで、ゲームのアプリなどで使用されることがあります。例えば、「ポケモンGO」のARモードはジャイロセンサーを使用します。
  • 【サイズ】
    「ZenFone 4 Selfie」は「ZenFone 4 Selfie Pro」より、幅が1.1mm、高さが1.6mm、奥行きが0.95mm大きくなり、質量は3g軽くなっています。外観に違いはほとんどありませんが、インカメラの位置などは変更されているようです。


製品名エイスース ZenFone 4 Selfie (ZD553KL)エイスース ZenFone 4 Selfie Pro (ZD552KL)
発売日2017年12月15日2017年09月23日
価格2万6000円前後4万5000円前後
キャリアSIMロックフリー、nano SIM(デュアルSIMx2)
スロットSIMx2とmicroSDx1のトリプルスロットSIMx2でmicroSDと排他利用
デュアルSIM、デュアルスタンバイ(DSDS)
シリーズZenFone Selfie
OSAndroid 7.1.1、ZenUI 4.0
CPU(プロセッサー)CPU:Qualcomm Snapdragon 430 オクタコア (1.4GHz)、GPU:Adreno 505CPU:Qualcomm Snapdragon 625 オクタコア (2GHz)、GPU:Adreno 506
内部メモリー64GB
外部メモリーmicroSDXC(256GB)microSDXC(2TB)
RAM4GB
バッテリー容量3000mAh
セキュリティ指紋認証(正面に設置)
モニター5.5インチ、IPS液晶ディスプレイ、2.5Dガラス5.5インチ、有機EL AMOLEDディスプレイ、2.5Dガラス、Gorilla Glass 3
画面解像度1280x720(HD)1920x1080(フルHD)
Wi-FiIEEE 802.11 b/g/n
対応バンドFDD-LTE:Band1/3/5/7/8/18/19/26/28、TD-LTE:Band38/41、W-CDMA:Band1/2/5/6/8/19
キャリアアグリゲーション(CA)-○(2CA)
Bluetooth○(4.1)○(4.2)
NFC
GPS
画素数(背面/アウトカメラ)1600万画素
RAWファイル-(予想)
画素数(正面/インカメラ)2000万画素(メインカメラ)+800万画素 120°(広角2ndカメラ)1200万画素 F1.8 1/2.55型(メインカメラ)+500万画素 120°(広角2ndカメラ)
4K動画フルHD(予想)○(正面・背面カメラ対応)
LEDフラッシュインカメラ、アウトカメラ
美人エフェクト(BEAUTY MODE)、SelfieMaster
ポートレートモード(背景ぼかし)
コネクターmicroUSB
3.5mmヘッドホンジャック
ホームボタン/ホームキーディスプレイ下の指紋センサーをホームボタンとして使用可能
防水・防塵機能-
テレビ(ワンセグ/フルセグ)-
おサイフケータイ(FeliCa)-
ハイレゾ-(予想)
センサー加速度センサ、電子コンパス、光センサ、近接センサ加速度センサ、電子コンパス、光センサ、近接センサ、ジャイロスコープ
約75.9mm約74.8mm
高さ約155.6mm約154mm
奥行き約7.8mm約6.85mm
重さ約144g約147g
カラーネイビーブラック、ローズピンク、サンライトゴールドネイビーブラック、サンライトゴールド、クラシックレッド
この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください。引用も自由にどうぞ!

ZenFone 4 Selfie

ZenFone 4 Selfie Pro

比較

売れ筋ランキング
コメント
コメントを投稿する