「HUAWEI Mate 10 lite」と「honor 9」の違い


ファーウェイ「HUAWEI Mate 10 lite」と「honor 9」の違いを比較しました。

「HUAWEI Mate 10 lite」は2017年11月28日に発表された中国ファーウェイのスマートフォンです。ファーウェイが別シリーズとしてラインナップしている「honor 9」と外観・スペックを比較してみました。どちらもSIMロックフリーのスマートフォンです。

【シリーズの違い】
HUAWEI Mateシリーズ・・・技術やビジネスがテーマ。オンラインとオフラインで販売される。
honor 9シリーズ・・・若者向けのデザイン性がテーマ。オンラインのみで販売される。

「HUAWEI Mate 10 lite」と「honor 9」 1
「HUAWEI Mate 10 lite」と「honor 9」の正面比較

「HUAWEI Mate 10 lite」と「honor 9」 2
「HUAWEI Mate 10 lite」と「honor 9」の背面比較

「HUAWEI Mate 10 lite」と「honor 9」 3
「HUAWEI Mate 10 lite」と「honor 9」の側面比較

「HUAWEI Mate 10 lite」と「honor 9」 4
「HUAWEI Mate 10 lite」と「honor 9」を重ねた比較画像。左側が「honor 9」の本体(赤色)を重ねた画像、右側が「honor 9」のディスプレイ部分のみ(赤色)を重ねた画像です。

特徴の違い
  • 【クラスと価格】
    「Mate 10 lite」は4万円台の価格ですが、「honor 9」は5万円台です。クラスはどちらもミドルハイ~ミドルクラスのスマートフォンだと思われます。「Mateシリーズ」の「Mate 10 lite」は技術・ビジネスがテーマなので最先端の技術が投入されて、「honorシリーズ」の「honor 9」はデザイン・ファッション性を重視して外観に拘ったデザインになっています。
  • 【カメラ機能】
    「Mate 10 lite」と「honor 9」はどちらも背面に「ダブルレンズカメラ」が搭載されていますが、「Mate 10 lite」は正面も「ダブルレンズカメラ」になっていることで計4つのカメラが搭載されています。「Mate 10 lite」は背面と正面のどちらにも200万画素の深度測定用サブカメラが搭載されており、このカメラが被写界深度を捉えることで、一眼カメラのように擬似的に背景をぼかすポートレートモードが使用できます。LEDフラッシュは背面カメラ用だけでなく、正面カメラ用にも搭載されています。
    「honor 9」の「ダブルカメラ」は、カラーセンサーを搭載した片方のカメラで色情報を取得し、もう片方のモノクロセンサーを搭載したカメラで明度情報を取得します。2つの撮影データを合わせることで、一眼カメラで撮影したような擬似的なボケ描写や高品質な写真表現が可能です。オートフォーカスは「像面位相差AF」「コントラストAF」「レーザーAF」「デプスAF」の4つに対応した「4-in-1 ハイブリッドフォーカス」が使用できます。「Mate 10 lite」と「honor 9」のカメラはどちらもライカブランドではありません。
  • 【ディスプレイ形状】
    「Mate 10 lite」は、縁・枠(ベゼル)が少ない「狭額縁設計(ベゼルレス)」のデザインです。上下のフレーム部分を狭くすることで、正面の大部分をディスプレイ化することを実現しています。ディスプレイ比率は「honor 9」の16:9よりも少し縦長の18:9なので、「Mate 10 lite」は上下に広いディスプレイで一度に多くのコンテンツを表示したり、映画やシネマも快適に楽しむことができます。
  • 【指紋認証センサー】
    「Mate 10 Pro」は指紋センサーを背面に設置することで、正面のほぼ全面をディスプレイ化しています。「honor 9」は正面ディスプレイの下に設置することで、指紋認証以外にもホームボタンとして活用できます。
  • 【デザインとロゴマーク】
    「honor 9」は、背面が15層のレイヤーコーティングにより光沢がある「躍動する光」を表現した外観になっています。また、背面は3D曲面ガラスにより丸く両サイドがカーブした形状なので、手にフィットしやすい形状です。「Mate 10 lite」は正面と背面にHUAWEI(ファーウェイ)のロゴが記載されていますが、「honor 9」には記載されていません。「honor 9」はシリーズ名称のみなので、一見するとどこのメーカーなのか分からない外観になっています。
  • 【NFC】
    「Mate 10 lite」はNFC機能に非対応ですが、「honor 9」は対応しています。「honor 9」は「おサイフケータイ」には非対応だと思われます。
  • 【USB端子】
    「Mate 10 lite」はコネクターに「microUSB」が採用されていますが、「honor 9」は「USB Type-C」です。



製品名ファーウェイ HUAWEI Mate 10 liteファーウェイ honor 9
発売日2017年12月08日2017年10月12日
キャリアSIMフリー(nanoSIMx2)
価格64GB:4万3000円前後64GB:5万4000円前後
シリーズHUAWEI Mateオーナー(honor)
タイプスマートフォン
OSAndroid 7.0、Emotion UI 5.1
CPU(プロセッサー)HUAWEI Kirin 659 オクタコア、2.36GHz A53/1.7GHz A53(クアッドコア)HUAWEI Kirin 960 オクタコア、2.4GHz A73/1.8GHz A53(クアッドコア)
AI機能-
外部メモリーmicroSDXC(256GB)
RAM4GB
バッテリー容量3340mAh(一体型)3200mAh(一体型)
防水機能-
セキュリティ(生体認証)指紋認証(背面に設置)指紋認証(正面下に設置)
ホームボタンオンスクリーンキー指紋センサー
対応充電未確認急速充電
モニター5.9インチ、比率18:95.15インチ、比率16:9
画面解像度フルHD+(2160x1080ドット)、407ppi、1600万色フルHD(1920x1080ドット)、428ppi
液晶パネルIPS液晶モニター
Wi-FiIEEE 802.11 b/g/nIEEE 802.11 a/b/g/n/ac
受信時最大150Mbps
送信時最大50Mbps
NFC-
Bluetooth○(4.2)、aptX対応○(4.2)
ハイレゾ
GPS
テレビ(ワンセグ/フルセグ)-(予想)
HDR動画再生対応
各種センサー未確認加速度、コンパス、ジャイロ、環境光、近接、HALL、赤外線リモコン
ポケットPCモード-
画素数(背面/アウトカメラ)1600万画素+200万画素(深度測定用)1200万画素(RGBカラーセンサー)+2000万画素(モノクロセンサー)
背面カメラのレンズ未確認F2.2
手ブレ補正未確認電子式手ブレ補正(予想)
オートフォーカス像面位相差AF+コントラストAF4-in-1 ハイブリッドフォーカス(像面位相差AF+コントラストAF+レーザーAF+デプスAF)
動画フルHD(1080p) 30p4K(3840x2160)
画素数(正面/インカメラ)1300万画素+200万画素(深度測定用)800万画素
正面カメラのレンズ1300万画素カメラ:F2.0F2.0
LEDフラッシュメインカメラとインカメラメインカメラのみ(予想)
コネクターUSB 2.0 マイクロBUSB Type-C
ヘッドホンジャック
75.2mm70.9mm
高さ156.2mm147.3mm
奥行き7.5mm7.45mm
重さ164g155g
カラーグラファイトブラック、オーロラブルーサファイアブルー、グレイシアグレー、ミッドナイトブラック(楽天モバイル専用)
この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください。引用も自由にどうぞ!

HUAWEI Mate 10 lite

honor 9

比較

売れ筋ランキング
コメント
コメントを投稿する