キヤノン、「EOS-1D X Mark II」「EOS-1D X」「EOS 5Ds/R」「EOS 5D Mark III」「EOS 6D」「EOS Kiss X9」の最新ファームウェアを公開


キヤノンは、「EOS-1D X Mark II」「EOS-1D X」「EOS 5Ds/R」「EOS 5D Mark III」「EOS 6D」「EOS Kiss X9」の最新ファームウェアを11月29日に公開しました。

EOS-1D X Mark II ファームウエア Version 1.1.4
EOS-1D X ファームウエア Version 2.1.0
EOS 5Ds R ファームウエア Version 1.1.2
EOS 5Ds ファームウエア Version 1.1.2
EOS 5D Mark III ファームウエア Version 1.3.5
EOS 6D ファームウエア Version 1.1.8
EOS Kiss X9 ファームウエア Version 1.0.1
  • 【EOS-1D X Mark II Ver.1.1.4、EOS 5Ds/R Ver.1.1.2】
    - 本ファームウエアを搭載したカメラとTS-Eレンズ(TS-E17mm F4L/TS-E24mm F3.5L II/TS-E50mm F2.8Lマクロ/TS-E90mm F2.8Lマクロ/TS-E135mm F4Lマクロ)を使用して撮影したRAW画像は「Digital Photo Professional」で色収差補正、周辺光量補正、歪曲補正、デジタルレンズオプティマイザの対応が可能になる
    - 本ファームウエアを搭載したカメラとTS-Eレンズ(TS-E50mm F2.8Lマクロ/TS-E90mm F2.8Lマクロ/TS-E135mm F4Lマクロ)を使用してのLVソフト撮影が可能になる
    - Exif 2.31に対応
  • 【EOS-1D X Ver.2.1.0】
    - 本ファームウエアを搭載したカメラとTS-Eレンズ(TS-E50mm F2.8Lマクロ/TS-E90mm F2.8Lマクロ/TS-E135mm F4Lマクロ)を使用してのLVソフト撮影が可能になる
    - レリーズ回数の表示を、最大1,000,000回から最大9,999,000回に変更
    - ストロボ多灯撮影で同調不良の画像となることがある現象を修正
    - シャッターレリーズタイミングによっては、エラー80となる現象を修正
  • 【EOS 5D Mark III Ver.1.3.5、EOS 6D Ver.1.1.8】
    - 本ファームウエアを搭載したカメラとTS-Eレンズ(TS-E50mm F2.8Lマクロ/TS-E90mm F2.8Lマクロ/TS-E135mm F4Lマクロ)を使用してのLVソフト(静音)撮影が可能になる
  • 【EOS Kiss X9 Ver.1.0.1】
    - アクセサリーシューに一部の他社製アクセサリーを装着した際の誤表示を修正

TS-Eレンズとの組み合わせに関するファームウェアの更新が主なアップデート内容になっているようです。詳しい項目に関してはそれぞれの更新内容ページをご確認下さい。

この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください。引用も自由にどうぞ!

EOS-1D X Mark II

EOS-1D X

EOS 5Ds

EOS 5D Mark III

EOS 6D

EOS Kiss X9

ファームウェア

売れ筋ランキング
コメント
コメントを投稿する