ライカ、「LEICA CL」「ELMARIT-TL 18 f/2.8 ASPH.」を発表(※追記あり)


ライカは、「ライカCL」と「ELMARIT-TL 18 f/2.8 ASPH.」を11月21日に発表しました。(※追記:発売日が決定しました)

特長 // Clooney // Lorem ipsum // フォトグラフィー - Leica Camera AG
Elmarit-TL 18 f/2.8 ASPH. // 単焦点レンズ // ライカTL レンズ // Lorem ipsum // フォトグラフィー - Leica Camera AG
  • ライカは、「ライカCL」と「ELMARIT-TL 18 f/2.8 ASPH.」を発表した
  • 「ライカCL」はAPS-Cセンサーを搭載したミラーレス機
  • オスカー・バルナックの伝統を受け継ぐカメラ
  • EyeResテクノロジーによる電子ビューファインダーを搭載
  • 4K 30fps動画に対応
  • 本体上面に設定を確認できるディスプレイを搭載
  • 2つのダイヤルで直感的な操作が可能
  • 「ELMARIT-TL 18 f/2.8 ASPH.」はLマウント用のパンケーキレンズ
  • 35mm判換算で27mm相当の焦点距離
  • 全長は20.5mm、重さは80g未満の小型軽量モデル
  • どちらも12月に発売予定
  • ※追記:「ライカCL ボディ」「ライカCL プライムキット 18mm」の発売日が12月16日に決定しました

価格情報はまだ確認できませんが、ライカの製品なので高額になると思われます。「ライカCL」は「ELMARIT-TL 18 f/2.8 ASPH.」と組み合わせれば持ち運びに適したスナップシューター向けカメラになりそうですね。
※追記:「ライカCL」は35万円前後、「ELMARIT-TL 18 f/2.8 ASPH.」は15万円前後の販売価格です。

この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください。引用も自由にどうぞ!

LEICA CL

ELMARIT-TL 18 f/2.8 ASPH.

売れ筋ランキング
コメント
コメントを投稿する