タムロン「100-400mm F4.5-6.3」とシグマ「100-400mm F5-6.3」の違い


タムロン「100-400mm F/4.5-6.3 Di VC USD (Model A035)」とシグマ「100-400mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary」の違いを比較しました。

「100-400mm F/4.5-6.3 Di VC USD (Model A035)」は2017年10月26日に発表されたタムロンの35mmフルサイズ対応の望遠ズームレンズです。2017年4月21日に発売されたシグマ「100-400mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary」と同じ焦点距離をカバーするライバルレンズなので、外観・スペックを比較してみました。

シグマ「100-400mm F5-6.3 DG OS HSM」は「ライト・バズーカ」の異名を持つレンズです。フルサイズ対応の望遠ズームレンズは、「70-300mmレンズ」など300mmまでの焦点距離をカバーするレンズは比較的小型で軽量なものがラインナップされていましたが、400mmでは大きく重いレンズが多くなっていました。シグマとタムロンの「100-400mm」は400mmの焦点距離をカバーしながらも適度な小型軽量化を維持したレンズで、気軽に持ち運べる超望遠ズームレンズになっています。

「100-400mm F/4.5-6.3 Di VC USD (Model A035)」と「100-400mm F5-6.3 DG OS HSM」 1
「100-400mm F/4.5-6.3 Di VC USD (Model A035)」と「100-400mm F5-6.3 DG OS HSM」の比較。※サイズ感は異なる場合があります。

「100-400mm F/4.5-6.3 Di VC USD (Model A035)」と「100-400mm F5-6.3 DG OS HSM」 2
「100-400mm F/4.5-6.3 Di VC USD (Model A035)」を「D850」、「100-400mm F5-6.3 DG OS HSM」を「EOS 80D」に装着したイメージ画像。「100-400mm F5-6.3 DG OS HSM」は赤ラインが本体までの長さです。※実際に装着した画像ではありません。サイズ感は異なる場合があります。

特徴の違い
  • 【クローズアップ撮影】
    シグマ「100-400mm」は最短撮影距離が1.6m、最大撮影倍率が0.26倍ですが、タムロン「100-400mm」は最短撮影距離が1.5m、最大撮影倍率が0.27倍です。タムロン「100-400mm」のほうが被写体に近づいてより大きく撮影することができます。
  • 【直進ズーム】
    タムロン「100-400mm」とシグマ「100-400mm」はどちらもズームリングを回転されることでズーム操作ができますが、シグマ「100-400mm」はさらにレンズ先端を前に引っ張ることでもズームできる「直進ズーム」に対応しています。素早く直感的にズーミングできるのでシャッターチャンスに対応しやすくなります。タムロン「100-400mm」は「直進ズーム」には対応していないと思われます。
  • 【開放F値】
    タムロン「100-400mm」とシグマ「100-400mm」はどちらも望遠端(テレ端)の開放F値は「F6.3」ですが、広角端(ワイド端)はシグマ「100-400mm」が「F5」なのに対し、タムロン「100-400mm」は「F4.5」です。タムロンのほうが少しだけ明るい広角端になっています。
  • 【三脚座】
    タムロン「100-400mm」は別売りのアクセサリーとして「三脚座」が利用できます。アルカスイス互換のクイックシューに対応する「三脚座」で、安定した長時間の撮影が可能です。
  • 【マウントコンバーター】
    シグマ「100-400mm」は、シグマ用とキヤノン用のレンズをソニーEマウント機に装着できる「マウントコンバーター」が別売りで用意されています。一眼レフでもミラーレスでもレンズを使用することが可能です。
  • 【防汚コート】
    タムロン「100-400mm」とシグマ「100-400mm」はどちらも簡易防滴構造に対応していますが、タムロン「100-400mm」はさらにレンズ表面に汚れが付いても取れやすい「防汚コート」が採用されています。
  • 【テレコンバーター】
    シグマ「100-400mm」は1.4倍と2倍のテレコンバーターを使用した場合はどちらもマニュアルフォーカス専用になりますが、タムロン「100-400mm」は2倍のテレコンバーターをファインダー撮影時に使用した場合のみマニュアルフォーカス専用になります。オートフォーカスにはF/8対応AFセンサーを搭載したカメラが必要です。
  • 【サイズ】
    タムロン「100-400mm」はシグマ「100-400mm」より、最大径が0.2mm、質量が45g、小さく軽くなっています。しかし、タムロン「100-400mm」は全長が14.2mm長い外観になっています。



製品名タムロン 100-400mm F/4.5-6.3 Di VC USD (Model A035)シグマ 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary
発売日2017年11月16日2017年4月21日
販売価格7万6000円前後7万1000円前後
マウントニコンF、キヤノンEFニコンF、キヤノンEF、シグマSA
シリーズDiシリーズDGシリーズ
タイプズーム
センサーフルサイズ
レンズタイプ一眼レフ
焦点距離100~400mm
APS-C機に装着した場合(1.55倍で換算)155~620mm
オートフォーカス
マニュアルフォーカス
AFモーターUSD、リング型超音波モーターHSM、超音波モーター
直進ズーム
絞りF/4.5-6.3、F/32-45F/5-6.3、F/22
絞り羽根枚数9枚
レンズ構成11群17枚15群21枚
特殊レンズLD(Low Dispersion:異常低分散)レンズ3枚SLD(Special Low Dispersion)レンズ4枚
コーティングeBANDコーティング、BBARコーティングスーパーマルチレイヤーコート
アクセサリー○(TAP-in Console)○(SIGMA USB DOCK)
別売り三脚座○(Model A035TM)-
マウントコンバーター-○(SIGMA Mount Converter MC-11)
テレコンバーター1.4倍(TELE CONVERTER 1.4x)、2倍(TELE CONVERTER 2.0x)に対応1.4倍(TC-1401)、2倍(TC-2001)に対応
ニコン用の電磁絞り方式
最短撮影距離1.5m1.6m
最大撮影倍率0.277倍0.263倍
画角24.24-6.12°24.4-6.2°
フィルターサイズ67mm
フード付き丸型フードLH770-04
手ブレ補正機能4段分
防塵・防滴構造簡易防滴構造
防汚コート
最大径86.2mm86.4mm
長さ199mm(キヤノン用)、196.5mm(ニコン用)182.3mm(シグマ用)
重さ1135g(キヤノン用)、1115g(ニコン用)1160g(シグマ用)

この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください。引用も自由にどうぞ!

100-400mm F/4.5-6.3 Di VC USD (Model A035)

100-400mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary

比較

売れ筋ランキング
コメント
コメントを投稿する