キヤノン、APS-Cセンサー搭載の「PowerShot G1 X Mark III」を11月下旬に発売


キヤノンは、「PowerShot G1 X Mark III」を11月下旬に発売すると発表しました。

キヤノン:キヤノンのコンパクトカメラで初めてAPS-CサイズCMOSセンサーを搭載 フラッグシップモデル“PowerShot G1 X Mark III”を発売
  • キヤノンは、「PowerShot G1 X Mark III」を11月下旬に発売する
  • 2014年3月に発売された「PowerShot G1 X Mark II」の後継機種
  • 2420万画素のAPS-Cセンサーと画像処理エンジン「DIGIC 7」を搭載
  • EVFを見ながらAF枠を移動できる「タッチ&ドラッグAF」に対応
  • タッチパネル対応のバリアングル液晶モニターを搭載
  • 「デュアルピクセルCMOS AF」により高速オートフォーカスが可能
  • 「PowerShot G1 X Mark II」から体積約16%、質量約27%の小型軽量化を実現
  • サイズは約115.0mm(幅)×77.9mm(高さ)×51.4mm(奥行き)、質量約399gで、防塵防滴仕様に対応
  • 価格はキヤノンオンラインショップで127,500円

「PowerShot G1 X Mark III」はAPS-Cセンサー搭載機とは思えないほど小型軽量化されているので驚きですね。価格は12万円ほどで高級機になっているようです。

この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください。引用も自由にどうぞ!

PowerShot G1 X Mark III

売れ筋ランキング
コメント
コメントを投稿する