パナソニック、「LUMIX DC-GH5」の不具合修正ファームウェアVer.2.1を10月10日に公開


パナソニックは、「LUMIX DC-GH5」の最新ファームウェアを10月10日に公開しました。

DMDSC09 | ソフトウェアダウンロード一覧 | デジタルカメラ LUMIX(ルミックス) | お客様サポート | Panasonic
  • パナソニックは、「LUMIX DC-GH5」の最新ファームウェアVer.2.1を公開した
  • 9月27日に公開されたファームウェアVer.2.0の不具合を修正するファームウェア
  • 「省電力ファインダー撮影」機能の時間設定が1秒に設定されてしまう不具合を修正
  • 「記録方式」を「MP4 HEVC(AAC)」に設定した際、フォトスタイルの画質調整が-5になってしまう不具合を修正
  • 「V-Log Lビューアシスト」が働かなくなる場合がある不具合を修正
  • 「記録方式」を「AVCHD」で撮影した動画について、動画分割ができない場合がある不具合を修正

「LUMIX DC-GH5」は2030万画素の4/3型Live MOSセンサーを搭載したパナソニックのミラーレスカメラです。6Kフォトや4K 60pの撮影に対応しています。販売価格は20万円前後です。

この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください。引用も自由にどうぞ!

LUMIX DC-GH5

ファームウェア

売れ筋ランキング
コメント
コメントを投稿する