「RX0」と「GoPro HERO5」の違い


ソニー「RX0 DSC-RX0」とGoPro「HERO5」の違いを比較しました。

「RX0」は9月1日に発表されたソニーの小型カメラです。1.0型センサーを搭載し、防水・耐衝撃性能を持ったタフネス仕様のカメラになっています。アクションカメラのようなスペックですが、ソニーは「RX0」をアクションカメラとしては位置付けておらず、「RXシリーズ」の新モデルとして位置付けています(ソニーはすでにアクションカムシリーズをラインナップしています)。「RX0」がアクションカメラとは異なる特徴として、手ブレ補正が搭載されていません。

GoProの「HERO5」はアクションカメラですが、「RX0」のライバル機に近いスペックを持ったカメラだと思われます。両機は搭載しているセンサーサイズに大きな違いがあり、「HERO5」は1/2.3型サイズのイメージセンサーを搭載しているのに対し、「RX0」は4倍以上も大きな1.0型センサーを搭載して高画質を実現しています。「RX0」と「HERO5」の外観・スペックを比較してみました。

「RX0」と「GoPro HERO5」 1
「RX0」と「GoPro HERO5」の正面比較

「RX0」と「GoPro HERO5」 2
「RX0」と「GoPro HERO5」の背面比較

「RX0」と「GoPro HERO5」 3
「RX0」と「GoPro HERO5」の左側と右側比較

「RX0」と「GoPro HERO5」 4
正面と側面を重ねた比較画像。「RX0」が赤色です。



「RX0」と「GoPro HERO5」のスペック違いを比較
製品名ソニー RX0 DSC-RX0GoPro HERO5 Black
発売日2017年10月27日2016年10月8日
価格8万円前後5万円前後
シリーズRXシリーズGoProシリーズ
センサー1.0型(13.2×8.8mm Exmor RS CMOS 積層型)1/2.3型(5.9×4.4mm)
画素数総画素:2100万画素、有効画素:1530万画素1200万画素
焦点距離(35mm判換算)24mm15mm
絞り値F/4F/2.8
連写16コマ/秒30コマ/秒
モニター1.5インチ (23万ドット)2インチ タッチパネル対応
RAW
JPEG
動画フルHD(1920x1080) 60p、4KはHDMI出力で対応4K(3840x2160) 30p
ハイフレームレート960fps(1920x1080)240fps
防塵防滴仕様防水10m、耐落下2m、耐荷重200kgf防水10m
手ブレ補正-
Wi-Fi
Bluetooth
USB給電
メモリーカードmicroSDXC(メモリースティックも使用可)microSDXC
59mm62mm
高さ40.5mm44.6mm
奥行き29.8mm32.7mm
重さ95g90g
総重量110g118g
インターフェイスUSB2.0、HDMI(マイクロ)USB-C、HDMI(マイクロ)

この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください。引用も自由にどうぞ!

RX0 DSC-RX0

GoPro HERO5

比較

売れ筋ランキング
コメント
コメントを投稿する