パナソニック、「GH5」の機能拡張ファームウェアを9月下旬に公開


パナソニックは、「GH5」の機能拡張ファームウェアを9月下旬に公開予定だと8月31日に発表しました。

LUMIX DC-GH5ファームウェアバージョン2.0 ダウンロードサービスを開始 | トピックス | Panasonic Newsroom Japan : パナソニック ニュースルーム ジャパン
  • パナソニックは、「GH5」の機能拡張ファームウェア バージョン2.0を9月下旬に公開する
  • カメラ制御PCソフト「LUMIX Tether」によるUSBテザー撮影に対応
  • 4K/FHD動画記録において「4:2:2 10bit ALL-I記録」モードを追加
  • 4K HDR動画記録に対応
  • アナモフィック動画記録モードの強化
  • オートフォーカス性能・機能の強化
  • 「6Kフォト/4Kフォト」性能の強化
  • ボディ内手ブレ補正(B.I.S.)の強化
  • インターバル撮影の待機画面で、終了予定時刻・残枚数が確認できるようになる
  • 省電力ファインダー撮影機能を、全ての撮影待機画面で使用できるようになる
  • Bluetooth接続で、専用無料アプリ「Panasonic Image App」からリモート撮影ができる「Bluetoothリモコン」機能に対応
  • 拡大再生・マルチ再生画面で、Fnボタンによるレーティング設定ができるようになる
  • Fnボタンに、「常時プレビュー」「4Kフォト一括保存」「下限シャッター速度」「RAW現像」「RECボタン動作」「SDカードスロットの切替」「マイクレベル設定」を割り当てできるようになる
  • 誤操作防止のために、DISP.ボタンをロックできる機能を追加

大型のファームウェア更新で、「GH5」ユーザーには大歓迎されそうな内容ですね。オートフォーカス性能や手ブレ補正の強化など基本的な機能も向上しているのでさらに万能なミラーレス機になりそうです。

この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください。引用も自由にどうぞ!

LUMIX DC-GH5

ファームウェア

売れ筋ランキング
コメント
コメントを投稿する