キヤノン、「EOS M100」「EF85mm F1.4L IS USM」「TS-Eレンズ3本」を発表(※追記あり)


キヤノンは、「EOS M100」「EF85mm F1.4L IS USM」「TS-Eレンズ3本」を8月29日に発表しました。(EOS M100、マクロツインライトの発売日が決定しました)

自分好みの外観スタイルにコーディネートが可能 薄型・軽量ボディーのミラーレスカメラ“EOS M100”を発売
大口径中望遠単焦点レンズ“EF85mm F1.4L IS USM”を発売 IS搭載により幅広いシーンでの撮影に対応
アオリ撮影が可能なTS-Eレンズシリーズのラインアップを拡充 優れた光学性能でマクロ撮影が可能な新製品3機種を発売
マクロ撮影用の外部ストロボ“マクロツインライト MT-26EX-RT”を発売
  • キヤノンは、「EOS M100」「EF85mm F1.4L IS USM」「TS-E50mm F2.8Lマクロ」「TS-E90mm F2.8Lマクロ」「TS-E135mm F4Lマクロ」「マクロツインライト MT-26EX-RT」を発売する
  • 「EOS M100」は薄型・軽量ボディのミラーレスカメラ
  • 2015年10月に発売された「EOS M10」の後継機
  • 9種類のフェイスジャケットで自分好みに外観をコーディネート可能
  • 最新の映像エンジン「DIGIC 7」と「デュアルピクセルCMOS AF」を搭載
  • 価格は5万3500円前後、発売は10月上旬
  • ※追記:発売日が2017年10月5日に決定しました
  • 「EF85mm F1.4L IS USM」はキヤノンEFマウント用の大口径中望遠レンズ
  • 4段分の手ブレ補正を搭載
  • Lレンズによる優れた描写性能を実現
  • 価格は20万円前後、発売は11月下旬
  • 「TS-E50mm F2.8Lマクロ」「TS-E90mm F2.8Lマクロ」「TS-E135mm F4Lマクロ」はアオリ撮影が可能なティルトシフトレンズ
  • 「TS-E50mm F2.8Lマクロ」は「TS-E45mm F2.8」(1991年4月発売)、「TS-E90mm F2.8Lマクロ」は「TS-E90mm F2.8」(1991年4月発売)のリニューアルモデル
  • UDレンズを採用した新規光学設計
  • いずれも0.5倍の最大撮影倍率を実現
  • 価格は31万円前後、発売は12月下旬
  • 「マクロツインライト MT-26EX-RT」はマクロ撮影用の外部ストロボ
  • 「マクロツインライト MT-24EX」(2001年12月発売)の後継モデル
  • 最大ガイドナンバーは約26(両側発光時)
  • 電波通信ワイヤレス増灯(多灯)撮影に対応
  • 価格は13万円前後、発売は11月上旬
  • ※追記:発売日が2017年11月9日に決定しました

EOS M100 ボディ (ブラック)
EOS M100 ボディ
EOS M100 ボディ (ブラック)
EOS M100 ボディ

EF85mm F1.4L IS USM
EF85mm F1.4L IS USM
TS-E50mm F2.8L マクロ
TS-E50mm F2.8L マクロ

TS-E90mm F2.8L マクロ
TS-E90mm F2.8L マクロ
TS-E135mm F4L マクロ
TS-E135mm F4L マクロ

「EF85mm F1.4L IS USM」は「EF85mm F1.2L II USM」や「EF85mm F1.8 USM」の後継機種ではなく、ラインナップに追加されるレンズのようです。描写性能は非常に期待できそうですね。
この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください。引用も自由にどうぞ!

EOS M100

EF85mm F1.4L IS USM

TS-E50mm F2.8Lマクロ

TS-E90mm F2.8Lマクロ

TS-E135mm F4Lマクロ

売れ筋ランキング
コメント
コメントを投稿する