「D850」と「D500」の違い


ニコン「D850」と「D500」の違いを比較しました。

ニコン「D850」はフルサイズセンサー(FXフォーマット)を搭載したプロ・ハイアマチュア向けのデジタル一眼レフカメラです。APS-Cセンサー(DXフォーマット)を搭載したニコンの最上位機「D500」と外観・スペックを比較してみました。

「D850」と「D500」 1
「D850」と「D500」の正面比較

「D850」と「D500」 2
「D850」と「D500」の背面比較

「D850」と「D500」 3
「D850」と「D500」の上部比較

「D850」と「D500」 4
「D850」と「D500」の下部比較

「D850」と「D500」 5
正面と背面を重ねた比較画像。「D500」が赤色です。

「D850」と「D500」 6
上部と下部を重ねた比較画像。「D500」が赤色です。

シリーズの違い
  • 「D850」はフルサイズセンサーを搭載したプロ・ハイアマチュア向けの「D800シリーズ」のデジタル一眼レフカメラです。ニコンはフルサイズセンサーを「FXフォーマット」と独自に呼んでいます。「D800シリーズ」は2012年3月22日に初代の「D800」が発売され、2012年4月12日に「D800」のローパスフィルター効果をキャンセルした(ローパスフィルターレス仕様)「D800E」、2014年7月17日に「D800/E」の後継機でローパスフィルターレス仕様に一本化された「D810」が発売されています。「D850」は「D810」と同様にローパスフィルターレス仕様です。「D800シリーズ」は高画素による高画質が最大の特徴になっており、「D850」は「D810」「D800/E」の3600万画素台から一気に向上した4575万画素を実現しています。「D850」は高解像度だけでなく、連続撮影機能も重視したデジタル一眼レフカメラになっています。
    ローパスフィルターはイメージセンサーに設置されるフィルターです。モアレや偽色などを抑える効果がありますが、解像力が少しだけ落ちるというデメリットもあります。ローパスフィルター効果がないローパスフィルターレス仕様のカメラは、モアレや偽色などが発生し易い場合がありますが、解像力を追求した画像が撮影可能です。
  • 「D500」はAPS-Cセンサーを搭載したプロ・ハイアマチュア向けの「D100~500シリーズ」のデジタル一眼レフカメラです。ニコンはAPS-Cセンサーを「DXフォーマット」と独自に呼んでいます。「D100~500シリーズ」はプロフェッショナルモデルの「D一桁シリーズ」と同様に、高速連写と優れたオートフォーカス性能が特徴になっています。「D500」は「D5」と同じAFセンサーが搭載されているので、より小さなボディでより望遠の撮影ができる兄弟機の立ち位置です。「D850」も「D5」と同じAFセンサーを搭載しているので、「D850」は「D500」と同じAFセンサーを搭載していることになります。「D500」は「D850」のように高画素ではなく、センサーサイズも小さいですが、より優れた連写性能と連続撮影可能コマ数を実現しています。

異なる特徴
  • 【画素数と高感度性能】
    「D850」は4545万画素のフルサイズ裏面照射型CMOSセンサーが搭載されていますが、「D500」は2088万画素のAPS-CサイズCMOSセンサーです。「D850」のほうが2倍以上大きなイメージセンサーを搭載しています。センサーサイズは大きいほど階調やノイズなどの画質面でメリットがあります。「D850」は「D500」より、解像感や高感度性能などで優れた画像が撮影可能です。
  • 【連写性能】
    「D850」はボディ単体で約7コマ/秒・バッテリーグリップ(MB-D18)を装着した際に約9コマ/秒の連写性能ですが、「D500」はボディ単体で約10コマ/秒の超高速連写が可能です。
  • 【連続撮影可能コマ数】
    「D500」は「D850」より圧倒的に多い連続撮影可能コマ数を実現しています。
    「D850」の場合、RAW(非圧縮14ビット):29コマ、RAW(圧縮14ビット):74コマ、RAW(ロスレス圧縮14ビット):51コマ、RAW(ロスレス圧縮12ビット):170コマ、RAW(圧縮12ビット):200コマ、JPEG:200コマ
    「D500」の場合、RAW(非圧縮14ビット):79コマ、RAW(圧縮14ビット):200コマ、RAW(ロスレス圧縮14ビット):200コマ、RAW(ロスレス圧縮12ビット):200コマ、RAW(圧縮12ビット):200コマ、JPEG:200コマ
  • 【電子シャッターの無音撮影】
    「D850」と「D500」はどちらも静音撮影ができますが、「D850」はさらにライブビュー時に無音のサイレント撮影が可能です。
  • 【4K動画】
    「D850」と「D500」はどちらも4K動画に対応していますが、「D500」はセンサーの一部をクロップすることで4K動画に対応しているのに対し、「D850」はクロップすることなくフルフレーム(FXベース)で4K UHD(3840x2160) 30pの撮影が可能です。「D850」はセンサー全域を使用しているので暗所などでの画質が向上しています。スーパー35mm相当のDXベースでも記録できます。
  • 【ハイスピード動画】
    「D850」はフルHDで120fpsのスローモーション動画が撮影可能です。
  • 【NFC機能】
    「D500」はWi-FiとBluetooth機能に加えて、さらにNFC機能にも対応しています。
  • 【ファインダー倍率】
    「D850」はニコンフルサイズ(FX)機で史上最大となる0.75倍のファインダー倍率を実現しています。
  • 【ボディサイズ】
    「D850」は「D500」より、幅が1mm、奥行きが2.5mm、小さくなっていますが、高さは9mm、質量は155g、大きく重いボディになっています。
  • 【バッテリーライフ】
    「D850」の撮影可能コマ数は約1840コマ(動画は約70分)ですが、「D500」は約1240枚です。「D850」にマルチパワーバッテリーパック「MB-D18」を装着した場合、静止画が最大約5140コマ、動画が最長約215分の撮影ができます。
  • 【その他の異なる特徴】
    「D850」は新たに、ピクチャーコントロール「オート」、ホワイトバランス「自然光オート」、フォーカスシフト、ピンポイントAF、ライブビュー時のピーキング、カメラ内のRAW一括現像、8Kのタイムラプス動画、機能向上したハイライト表示と多重露出とホワイトバランス、などの機能が追加されています。

共通の特徴
  • 【オートフォーカス性能】
    「D850」と「D500」は同じAFセンサーを搭載しています。測距点が153点(選択可能ポイント:55点)、クロス対応が99点(選択可能ポイント:35点)、F5.6対応が37点、F8対応が15点(選択可能ポイント:9点)、AF検出範囲がEV-4~20です。
  • 【RGBセンサー】
    「D850」と「D500」は同じRGBセンサーを搭載しています。180kピクセルのRGBセンサーを搭載し、精度が高い自動制御を実現しています。
  • 【画像処理エンジン】
    「D850」と「D500」は同じ画像処理エンジン「EXPEED 5」を搭載しています。
  • 【ボタンイルミネーション】
    「D850」と「D500」は、背面左側のボタンやレリーズモードダイヤルが透過照明により光る「ボタンイルミネーション」を搭載しています。暗い場所でも簡単に操作することが可能です。
  • 【その他の共通の特徴】
    「D850」と「D500」はどちらも、RAWの「Lサイズ」「Mサイズ」「Sサイズ」、フルHDとHD動画時の電子手ブレ補正、AF微調節の自動設定、フリッカー低減機能、SnapBridge機能、チルト式モニター、SDXCカード(UHS-II)とXQDカードのダブルスロット、ネガフィルムデジタイズ(フィルムデジタイズアダプター ES-2)、などに対応しています。



製品名ニコン D850ニコン D500
発売日2017年09月08日2016年04月28日
価格36万円前後20万円前後
シリーズD800シリーズD500シリーズ
マウントニコンF系マウント
センサーフルサイズ(35.9×23.9mm CMOS 裏面照射型)APS-C(23.5×15.7mm CMOS)
ローパスフィルターレス仕様
画像処理エンジンEXPEED 5
測光方式180kピクセル
総画素数4689万画素2151万画素
有効画素数4575万画素2088万画素
最大記憶画素数8256x5504px5568x3712px
ISO64-25600100-51200
拡張ISO32-10240050-1640000
連写7コマ/秒、バッテリーグリップ時:9コマ/秒、静音連続撮影:3コマ/秒10コマ/秒、静音連続撮影:3コマ/秒
連続撮影可能コマ数RAW(非圧縮14ビット):29コマ、RAW(圧縮14ビット):74コマ、RAW(ロスレス圧縮14ビット):51コマ、RAW(ロスレス圧縮12ビット):170コマ、RAW(圧縮12ビット):200コマ、JPEG:200コマRAW(非圧縮14ビット):79コマ、RAW(圧縮14ビット):200コマ、RAW(ロスレス圧縮14ビット):200コマ、RAW(ロスレス圧縮12ビット):200コマ、RAW(圧縮12ビット):200コマ、JPEG:200コマ
AF方式位相差AF、コントラストAF
測距点153点(選択可能ポイント:55点)、クロス:99点(選択可能ポイント:35点)、F5.6対応:37点、F8対応:15点(選択可能ポイント:9点)
測距輝度範囲-4~20
ファインダーペンタプリズム (視野率100%/倍率0.75倍)ペンタプリズム (視野率100%/倍率1倍)
アイポイント17mm16mm
モニター3.2インチ (236万ドット)
シャッタースピード1/8000-30秒
電子先幕シャッター○(静音撮影、静音連続撮影、ミラーアップ撮影時)○(ミラーアップ撮影時)
電子シャッター-
サイレントシャッター静音撮影、ライブビュー時は無音撮影が可能静音撮影
バルブ撮影
セルフタイマー2、5、10、20秒
撮影枚数1840枚1240枚
RAWRAW12ビット/14ビット(ロスレス圧縮、圧縮、非圧縮)、サイズL/M/S
JPEG
TIFF
RAW+JPEG
動画4K UHD(3840x2160) 30p/25p/24p、フルHD(1920x1080) 60p
ハイフレームレート120fps(1920x1080) 3分まで撮影可能
ファイル形式MOV、MP4MOV
映像圧縮方式H.264/MPEG-4 AVC
音声記録方式リニアPCM、AAC、内蔵ステレオマイクリニアPCM、内蔵ステレオマイク
動画最長記録時間29分59秒
動画時のアクティブD-ライティング
手ぶれ補正動画時電子手ブレ補正(フルHD、HD)
内蔵フラッシュ-
防塵防滴仕様
ゴミ取り機能
ライブビュー
可動式モニターチルト
pictbridge
水準器
タッチパネル
顔認識
英語対応
Wi-Fi
NFC-
GPS-
Bluetooth
SnapBrige
USB給電-
ハイライト重点測光
HDR
シングルポイントAF
グループエリアAF
ピクチャーコントロール「フラット」
ハイライト表示○(機能向上)
多重露出○(機能向上)
Mモード時の感度自動制御
2点拡大
ピクチャーコントロール「オート」-
ホワイトバランス「自然光オート」-
フォーカスシフト(深度合成)-
電波制御アドバンストワイヤレスライティング○(光制御、電波制御)
AF微調節○(AF微調節の自動設定)
フリッカー低減機能
ライブビュー時のピーキング-
ボタンイルミネーション
ピンポイントAF-
アッテネーター-
撮像範囲「1:1(24×24)」-
インターバル撮影の撮影間隔0.5秒-
サイレントインターバルタイマー撮影-
メモリーカードダブルスロット(SDXC UHS-II、XQDカード)
146mm147mm
高さ124mm115mm
奥行き78.5mm81mm
重さ915g760g
総重量1005g860g
サブセレクター
マグネシウム合金
モノコック構造-
バッテリーEN-EL15aEN-EL15
インターフェイスUSB3.0、HDMI(タイプC)

この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください。引用も自由にどうぞ!

D850

D500

比較

売れ筋ランキング
コメント
コメントを投稿する