パナソニック「LEICA 12-60mm F2.8-4」とオリンパス「12-40mm F2.8 PRO」の違い


パナソニック「LEICA DG 12-60mm F2.8-4 ASPH. POWER O.I.S.」とオリンパス「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO」の違いを比較しました。

パナソニック「LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm F2.8-4.0 ASPH. POWER O.I.S.」とオリンパス「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO」はどちらもマイクロフォーサーズ用の標準ズームレンズです。外観・スペックを比較してみました。

「LEICA 12-60mm F2.8-4」と「12-100mm F4 PRO」 1
「LEICA 12-60mm F2.8-4」と「12-100mm F4 PRO」の比較。※サイズ感は異なる場合があります。

「LEICA 12-60mm F2.8-4」と「12-100mm F4 PRO」 2
「LEICA 12-60mm F2.8-4」と「12-100mm F4 PRO」を「OM-D E-M1 Mark II」に装着したイメージ画像。※実際に装着した画像ではありません。サイズ感は異なる場合があります。

「LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm / F2.8-4.0 ASPH. / POWER O.I.S.」の特徴

「LEICA 12-60mm F2.8-4」はパナソニックの標準ズームレンズです。パナソニックが設計や製造を行い、ライカの基準をクリアして認証されたライカブランドになります。35mm換算で24-120mm相当の焦点距離をカバーする光学5倍のズームレンズで、広角端は絞り開放F2.8、望遠端はF4に変化します。パナソニックのレンズですが、オリンパスのカメラボディで使用できます(その逆も可能です)。
「LEICA 12-60mm F2.8-4」は非球面レンズ4枚とEDレンズ2枚を採用したことにより描写性能に優れています。ライカの高品質なデザインに加えて、マイナス10℃の耐低温にも対応するなど高い防塵・防滴仕様の作りを実現しています。また、オートフォーカスは静止画撮影時だけでなく動画撮影時も優れ、高速・高精なオートフォーカスで4K動画撮影を強力にサポートすることが可能です。サイズは長さが86mm、重さが320gなので携帯性に優れ、常用レンズとして常にカメラに装着しておけるサイズ感になっています。標準ズームレンズとして基本的な機能全般が優れ、隙きがない高性能レンズです。

「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO」の特徴

「12-40mm F2.8 PRO」はオリンパスの標準ズームレンズです。オリンパスがプロフェッショナル向けと定める「M.ZUIKO PROシリーズ」の第一弾として2013年に発売されました。オリンパスのレンズはその他に、高画質・高性能な単焦点レンズ「M.ZUIKO PREMIUMシリーズ」、一般向けレンズ「M.ZUIKOシリーズ」をラインナップしています。
「12-40mm F2.8 PRO」は35mm換算で24-80mm相当の焦点距離をカバーします。「LEICA 12-60mm F2.8-4」とは異なり、どの焦点距離でも開放F値がF2.8のまま一定で、「大三元レンズ(の中の1本)」という愛称で呼ばれています。フルサイズやAPS-C向けの「24-70mm F2.8」は非常にサイズが大きくて重いレンズですが、「12-40mm F2.8 PRO」はその半分以下のサイズと質量を実現しています(長さ84mm、質量382g)。APS-Cよりさらに小さいフォーサーズ向けのレンズなので、小型センサーのメリットを活かして驚くほど小型軽量化されています。「LEICA 12-60mm F2.8-4」と同様に、マクロ性能や防塵・防滴仕様にも優れ、耐低温性能も備えています。販売価格は8万円前後なのでコストパフォーマンスが高く、「LEICA 12-60mm F2.8-4」よりも2万円前後安く購入することが可能です。F2.8通しのレンズとは思えない小型軽量化とコストパフォーマンスを実現した高性能レンズです。

製品名パナソニック LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm F2.8-4.0 ASPH. POWER O.I.S.オリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
発売日2017年02月23日2013年11月29日
価格10万円前後8万円前後
マウントマイクロフォーサーズ
シリーズLEICA DGシリーズM.ZUIKO PROシリーズ
タイプズーム
センサーフォーサーズ
レンズタイプミラーレス
35mm判焦点距離24~120mm24~80mm
焦点距離12~60mm12~40mm
オートフォーカス
マニュアルフォーカス
絞りF2.8-4、22F2.8~22
絞り羽根枚数9枚7枚
レンズ構成12群14枚9群14枚
最短撮影距離0.2m
最大撮影倍率0.3倍
画角84-20°84-30°
フィルターサイズ62mm
フード付きLH-66
手ブレ補正機能-
連携手ブレ補正Dual I.S.2-
防塵・防滴構造
非球面レンズ4枚非球面EDレンズ1枚、非球面レンズ2枚
特殊レンズEDレンズ2枚EDレンズ2枚、DSAレンズ1枚、HDレンズ1枚、HRレンズ2枚
コーティングナノサーフェスコーティングZEROコーティング
最大径68mm69.9mm
長さ86mm84mm
重さ320g382g

この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください。引用も自由にどうぞ!

LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm / F2.8-4.0 ASPH. / POWER O.I.S.

M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

比較

売れ筋ランキング
コメント
コメントを投稿する