サムヤン「AF35mm F2.8 FE」とソニー「FE 35mm F2.8 ZA」の違い


サムヤン「AF35mm F2.8 FE」とソニー「FE 35mm F2.8 ZA」の違いを比較しました。

「AF35mm F2.8 FE」は7月28日に発売されたサムヤンのソニーEマウント用交換レンズです。35mmフルサイズに対応しています。ソニー純正から発売されている「Sonnar T* FE 35mm F2.8 ZA」と似通ったレンズなので外観・スペックを比較してみました。

サムヤン「AF35mm F2.8 FE」とソニー「FE 35mm F2.8 ZA」 1
サムヤン「AF35mm F2.8 FE」とソニー「FE 35mm F2.8 ZA」の比較。※サイズ感は異なる場合があります。

サムヤン「AF35mm F2.8 FE」とソニー「FE 35mm F2.8 ZA」 2
サムヤン「AF35mm F2.8 FE」とソニー「FE 35mm F2.8 ZA」を「α7R II」に装着したイメージ画像。実際に装着した画像ではありません。サイズ感は異なる場合があります。

共通の特徴
  • サムヤン「AF35mm F2.8 FE」とソニー「FE 35mm F2.8 ZA」はどちらも小型軽量化を重視した単焦点レンズです。レンズの長さが短いパンケーキレンズに近い外観で、小型のミラーレス機と組み合わせて旅行やスナップ撮影に最適なサイズ感を実現しています。どちらもオートフォーカス対応レンズです。

「AF35mm F2.8 FE」の特徴

「AF35mm F2.8 FE」はコストパフォーマンスが特徴のレンズです。サムヤン(Samyang)は韓国のメーカーで、日本ではケンコー・トキナーが取り扱っています。ソニーの「FE 35mm F2.8 ZA」とよく似たコンセプトで作られたレンズで、焦点距離、F値、最短撮影距離、フィルター径が同じになっています。どちらも付属のレンズフードに40.5mmのフィルター溝が設置されているので、レンズフードを装着していない状態では49mmのレンズフィルター、装着した状態では40.5mmのレンズフィルターを取り付けることができます。サイズは「FE 35mm F2.8 ZA」より、最大径が0.3mm、長さが3.5mm、重さが34gの小型軽量化を実現しています。「AF35mm F2.8 FE」は「FE 35mm F2.8 ZA」より3万円ほど安い価格設定になっているため、ライバルレンズの立ち位置にいる製品です。

「Sonnar T* FE 35mm F2.8 ZA」の特徴

「FE 35mm F2.8 ZA」は描写性能が特徴のレンズです。ソニーから発売されたレンズですが、カールツァイスブランドの「ZAレンズ」になっています。ソニーとカールツァイスが共同開発しており、品質基準はツァイスが行っています。「ZAレンズ」は解像感やコントラストを追求したモデルで、小型のレンズとは思えない高品質な写りを実現しています。レンズ名の「Sonnar(ゾナー)」はドイツ語で太陽を意味する「Sonne(ゾンネ)に由来し、「T*(ティースター)」はカール・ツァイス独自のコーティング名称です。「AF35mm F2.8 FE」よりも高価でサイズが大きなレンズですが、純正レンズの安心感と高性能レンズの写りが楽しめるレンズです。

製品名サムヤン AF35mm F2.8 FEソニー Sonnar T* FE 35mm F2.8 ZA
発売日2017年07月28日2013年11月15日
価格4万円前後7万円前後
マウントソニーE
シリーズAF FEシリーズZeiss(ツァイス)シリーズ
タイプ単焦点
センサーフルサイズ
レンズタイプミラーレス
焦点距離35mm
オートフォーカス
マニュアルフォーカス
絞りF 2.8~22
絞り羽根枚数未確認7枚
レンズ構成6群7枚5群7枚
コーティングウルトラマルチコートT*(ティースター)
特殊レンズ非球面レンズ2枚、高屈折レンズ1枚非球面レンズ3枚
最短撮影距離0.35m
最大撮影倍率未確認0.12倍
画角63.1°63°
フィルターサイズ49mm
フード付き
手ブレ補正機能
防塵・防滴構造配慮した設計
最大径61.8mm61.5mm
長さ33mm36.5mm
重さ86g120g

この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください。引用も自由にどうぞ!

AF35mm F2.8 FE

FE 35mm F2.8 ZA

比較

売れ筋ランキング
コメント
コメントを投稿する