「EOS Kiss X9」と「EOS Kiss X9i」と「EOS 9000D」の違い


キヤノン「EOS Kiss X9」と「EOS Kiss X9i」と「EOS 9000D」の違いを比較しました。

「EOS Kiss X9」と「EOS Kiss X9i」と「EOS 9000D」はキヤノンのエントリーモデルのデジタル一眼レフカメラです。キヤノンのエントリーモデルは、エントリーモデルの最上位機が「EOS 9000D(バリアングル液晶)」、エントリーモデルの中級機が「EOS Kiss X9i(バリアングル液晶)」、エントリーモデルの下位機が「EOS Kiss X9(バリアングル液晶)」、エントリーモデルの最入門機が「EOS Kiss X80(固定式液晶)」になっています。外観とスペックを比較してみました。

関連記事
「EOS 80D」と「EOS 9000D」と「EOS Kiss X9i」の違い

「EOS Kiss X9」と「EOS Kiss X9i」と「EOS 9000D」 1
「EOS Kiss X9」と「EOS Kiss X9i」と「EOS 9000D」の正面比較

「EOS Kiss X9」と「EOS Kiss X9i」と「EOS 9000D」 2
「EOS Kiss X9」と「EOS Kiss X9i」と「EOS 9000D」の背面比較

「EOS Kiss X9」と「EOS Kiss X9i」と「EOS 9000D」 3
「EOS Kiss X9」と「EOS Kiss X9i」と「EOS 9000D」の上部比較

「EOS Kiss X9」と「EOS Kiss X9i」と「EOS 9000D」 4
「EOS Kiss X9」と「EOS Kiss X9i」と「EOS 9000D」の左側比較

「EOS Kiss X9」と「EOS Kiss X9i」と「EOS 9000D」 5
「EOS Kiss X9」と「EOS Kiss X9i」と「EOS 9000D」の右側比較

「EOS Kiss X9」の特徴
  • 「EOS Kiss X9」は3つのカメラの中で最も小型軽量化に優れたデジタル一眼レフカメラです。キヤノンのエントリーモデルでは、最入門機である「EOS Kiss X80」の上位機種になります。前モデルの「EOS Kiss X7」はデジタル一眼レフカメラで世界最小・最軽量を実現していましたが、「EOS Kiss X9」は可動式のバリアングル液晶モニター搭載機で世界最軽量を実現しています。「EOS Kiss X9」は小型化以外にも、ライブビュー時の高速オートフォーカスが特徴になっています。「デュアルピクセルCMOS AF」と呼ばれる像面位相差AFに対応しているため、ライブビュー撮影時でも光学ファインダー撮影時のような高速オートフォーカスが可能です。静止画撮影時のみでなく、動画撮影時も追従性に優れたオートフォーカスができます。「EOS Kiss X9i」と「EOS 9000D」も同様に同じAFシステムを採用しています。デジタル一眼レフカメラとは思えないような軽快なサイズ感で撮影することが可能です。

「EOS Kiss X9i」の特徴
  • 「EOS Kiss X9i」は3つのカメラの中で最もバランスに優れたデジタル一眼レフカメラです。キヤノンのエントリーモデルでは、中間のミドルクラスに位置します。「EOS Kiss X9i」は、「EOS 9000D」とほぼ同じスペックを持ちながら、「EOS Kiss X9」と同じように簡単な操作性で撮影ができるバランスが取れた機種です。「EOS Kiss X9」と比較すると光学ファインダー時のオートフォーカス性能が優れており、「EOS Kiss X9i」はAFポイントの45点全てがクロス測距点になっています。また、「AF検出範囲」も優れているので暗所でも正確なオートフォーカスが可能です。「EOS 9000D」と比較すると、「EOS Kiss X9i」は「EOS 9000D」のような複雑な操作性ではなく、シンプルな操作性になっています。デジタル一眼レフカメラの操作性に慣れていない場合でも、「ビジュアルガイド」などから簡単に操作することが可能です。ハイスペックな機能を簡単に楽しむことができるデジタル一眼レフカメラです。

「EOS 9000D」の特徴
  • 「EOS 9000D」は3つのカメラの中で最も操作性に優れたデジタル一眼レフカメラです。キヤノンのエントリーモデルでは唯一「Kiss」という名称が付いておらず、エントリー向けカメラでは最上位機種になっています。「EOS 9000D」はカメラ上部の右肩には液晶表示パネル(サブ液晶)が搭載され、背面右下の円形部分には「サブ電子ダイヤル」が設置されています。さらに、背面右上には親指AF(オートフォーカス)が可能な「AF-ON」ボタンが搭載されています。操作性だけを見れば、エントリーモデルではなくミドルクラス以上のカメラと変わらない本格仕様になっています。将来的に上位機種のデジタル一眼レフカメラを購入した場合でも違和感のない操作ができるカメラです。

製品名キヤノン EOS Kiss X9キヤノン EOS Kiss X9iキヤノン EOS 9000D
発売日2017年7月28日2017年4月7日
価格7万円前後9万円前後10万円前後
シリーズEOS(イオス) Kissシリーズ4桁Dシリーズ
マウントキヤノンEF系マウント
センサーAPS-C(22.3×14.9mm CMOS)
ローパスフィルター○(予想)
画像処理エンジンDIGIC 7
有効画素数2420万画素
最大記憶画素数6000x4000px
ISO100-25600
拡張ISO51200
連写5コマ/秒、ソフト連続撮影:2.5コマ/秒6コマ/秒
連続撮影可能コマ数JPEG(ラージ/ファイン):Full、RAW:約6枚、RAW+JPEG(ラージ/ファイン):約6枚JPEG(ラージ/ファイン):約190枚、RAW:約21枚、RAW+JPEG(ラージ/ファイン):約19枚
AF方式位相差AF、デュアルピクセルCMOS AF(像面位相差AF、コントラストAF)
測距点9点(中央はF5.6対応クロス)45点(オールクロス)
測距輝度範囲ファインダー時:EV-0.5~18、ライブビュー時:EV-2~18ファインダー時:EV-3~18、ライブビュー時:EV-2~18
ファインダーペンタダハミラー (視野率95%/倍率0.87倍)ペンタダハミラー (視野率95%/倍率0.82倍)、インテリジェントビューファインダー
モニター3インチ (104万ドット)、クリアビュー液晶II
シャッタースピード1/4000-30秒
電子先幕シャッター
電子シャッター
サイレントシャッターソフト撮影
バルブ撮影
セルフタイマー2、10秒
撮影枚数ファインダー時:650枚、ライブビュー時:260枚ファインダー時:600枚、ライブビュー時:270枚
RAW14bit
JPEG
TIFF
RAW+JPEG
動画フルHD(1920x1080) 60p
ハイフレームレート
ファイル形式MP4、MOV(タイムラプス時)MP4
映像圧縮方式MPEG-4 AVC/H.264 可変(平均)ビットレート方式
音声記録方式AAC、内蔵ステレオマイク
手ぶれ補正-動画時:電子手ブレ補正
内蔵フラッシュ
防塵防滴仕様-
ゴミ取り機能
ライブビュー
可動式モニターバリアングル
pictbridge
水準器
タッチパネル
顔認識
英語対応
Wi-Fi
NFC
GPS-
Bluetooth
USB給電
スムーズゾーンAF
シーンインテリジェントオート
ホワイトバランス(雰囲気優先、ホワイト優先)
オートライティングオプティマイザ
レンズ光学補正○(色収差補正、周辺光量補正、回折補正、歪曲収差補正)
ダスト除去機能
ビジュアルガイド
HDR動画
タイムラプス動画
動画クリエイティブフィルター
ウィンドカット/アッテネーター
色検知AF
フリッカーレス撮影
メモリーカードSDXC UHS-I
122.4mm131mm
高さ92.6mm99.9mm
奥行き69.8mm76.2mm
重さ406g(シルバーは+1g、ホワイトは+3g)485g493g
総重量453g(シルバーは+1g、ホワイトは+3g)532g540g
バッテリーLP-E17
インターフェイスUSB2.0、HDMIミニ(タイプC)

この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください。引用も自由にどうぞ!

EOS Kiss X9

EOS Kiss X9i

EOS 9000D

比較

売れ筋ランキング
コメント
コメントを投稿する