「EOS 6D Mark II」と「D750」の違い


キヤノン「EOS 6D Mark II(6dmk2)」とニコン「D750」の違いを比較しました。

「EOS 6D Mark II」は2017年6月29日に発表されたキヤノンのデジタル一眼レフカメラです。フルサイズセンサーを搭載したミドルクラス機になっています。同じミドルクラスのカメラで、ライバル機だと思われるニコン「D750」と外観・スペックを比較してみました。

「EOS 6D Mark II」と「D750」 1
「EOS 6D Mark II」と「D750」の正面比較

「EOS 6D Mark II」と「D750」 2
「EOS 6D Mark II」と「D750」の背面比較

「EOS 6D Mark II」と「D750」 3
「EOS 6D Mark II」と「D750」の上部比較

「EOS 6D Mark II」と「D750」 4
正面と背面を重ねた比較画像。「EOS 6D Mark II」が赤色です。

「EOS 6D Mark II」と「D750」 5
上部を重ねた比較画像。「EOS 6D Mark II」が赤色です。

「EOS 6D Mark II」と「D750」 6
「EOS 6D Mark II」と「D750」の光学ファインダー内のAF測距点の比較。中央下の重ねた画像は、赤色AFポイントが「D750」です。

共通の特徴
  • 「EOS 6D Mark II」と「D750」はどちらも、小型軽量化を重視したデジタル一眼レフカメラです。イメージセンサーには大型の35mmフルサイズセンサーを搭載し、クラスは中級機のミドルクラスになっています。どちらも程よいスペックと価格帯を実現した売れ筋カメラです。「EOS 6D Mark II」は特にライブビュー撮影に力を入れた機種で、「D750」は光学ファインダー撮影に力を入れた機種です。

外観・デザイン
  • 【可動式モニター】
    「EOS 6D Mark II」は「バリアングル式液晶モニター」ですが、「D750」は「チルト式液晶モニター」になっています。「バリアングル式液晶モニター」は可動域が「チルト式液晶モニター」より広く、自分撮り撮影にも対応しています。「チルト式液晶モニター」も自分撮りに対応できるものがありますが、「D750」は非対応です。しかし、「バリアングル式液晶モニター」は可動するために液晶モニターを一度繰り出す必要があり、ハイアングルやローアングルの撮影のみの場合は「チルト式液晶モニター」のほうが手軽です。どちらのタイプの可動式モニターにも、メリットとデメリットがあります。
  • 【タッチパネル】
    「EOS 6D Mark II」はタッチパネルに対応していますが、「D750」は非対応です。
  • 【光学ファインダー】
    「EOS 6D Mark II」は視野率98%、倍率0.71倍の光学ファインダーが搭載されていますが、「D750」は視野率100%、倍率0.7倍です。「D750」は視野率100%により正確なフレーミングが可能です。
  • 【内蔵フラッシュ】
    「EOS 6D Mark II」は内蔵フラッシュが非搭載ですが、「D750」には搭載されています。
  • 【SDカード】
    「EOS 6D Mark II」はSDカードが1枚のみのシングルスロットですが、「D750」は2枚装着できるダブルスロットです。「D750」は写真の保存先の使い分けや、写真のバックアップなどが可能です。どちらもUHS-I規格に対応しています。
  • 【サイズ】
    「EOS 6D Mark II」は「D750」より、高さが2.5mm、奥行きが3.2mm、重さが65g、小さく軽くなっています。「EOS 6D Mark II」は可動式モニター搭載のフルサイズ機で世界最軽量のボディを実現しています。
    「D750」は内蔵フラッシュを搭載しているためにペンタ部分の厚みで奥行きが増しており、実質的なボディの厚みは「D750」のほうが薄い可能性があります。

機能・性能
  • 【ライブビュー時のオートフォーカス性能】
    「D750」はコントラストAFのみの対応ですが、「EOS 6D Mark II」は「デュアルピクセルCMOS AF」と呼ばれる「像面位相差AF」に対応しています。「EOS 6D Mark II」は光学ファインダー時とあまり変わらないほどの高速オートフォーカスをライブビュー時でも可能で、「D750」のライブビュー時オートフォーカスより圧倒的に優れたスピードを実現しています。
  • 【ファインダー時のオートフォーカス性能】
    「EOS 6D Mark II」はAF測距点が45点ですが、「D750」は51点です。「D750」のほうがAFポイントが多く、少し広い範囲まで選択できるようになっています。しかし、より高精度なオートフォーカスが可能なクロス測距点は「D750」が15点、F5.6対応が15点、F8対応が11点なのに対し、「EOS 6D Mark II」は45点で、F5.6対応が45点、F8対応が27点と多くなっています。
  • 【動画機能】
    「EOS 6D Mark II」と「D750」はどちらもフルHD 60pまでの動画性能ですが、「EOS 6D Mark II」は「デュアルピクセルCMOS AF」による高速オートフォーカスが可能なため、オートによる快適な動画撮影が可能です。どちらも4K動画には非対応です。
  • 【高感度性能】
    「EOS 6D Mark II」は「D750」より3年ほど新しい機種なので、高感度性能で利点があると思われます。「EOS 6D Mark II」は「D750」より少し画素数が多く、常用ISOや拡張ISOがより高く設定できます。
  • 【通信機能】
    「EOS 6D Mark II」と「D750」はどちらもWi-Fi機能を内蔵していますが、「EOS 6D Mark II」はさらにNFC、GPS、Bluetooth機能を内蔵しています。「EOS 6D Mark II」はBluetoothによりスマートフォンと常時接続することなどが可能です。

どちらが買いか?
  • コストパフォーマンスを最優先する場合は「D750」だと思います。発売から3年が経過しているので、価格は「EOS 6D Mark II」より5万円ほど安くなっています。スペックは現在でもあまり見劣りしないほど充分で、薄型で剛性の高いボディを実現しています。ただ、ライブビュー時のパフォーマンスは「EOS 6D Mark II」に大きく遅れを取っています。
  • 金銭的に余裕がある場合や、ライブビュー時の撮影を重視する場合は「EOS 6D Mark II」がオススメです。「EOS 6D Mark II」は全体的に隙きがないスペックを持ったカメラで、静止画でも動画でも多くのシーンで活躍が期待できるカメラです。ライブビュー時の高速オートフォーカスやタッチパネル対応の可動式モニター、Bluetoothによるスマートフォンとの常時接続は現在のトレンドなので、そこをしっかり押さえている「EOS 6D Mark II」は活用の場面が広いと思われます。



製品名キヤノン EOS 6D Mark IIニコン D750
発売日2017年8月4日2014年9月25日
価格22万円前後17万円前後
シリーズEOS(イオス) 6DシリーズD700シリーズ
マウントキヤノンEF系マウントニコンF系マウント
センサーフルサイズ(35.9×24mm CMOS)
ローパスフィルター
画像処理エンジンDIGIC 7EXPEED 4
総画素数非公開2493万画素
有効画素数2620万画素2432万画素
最大記憶画素数6240x4160px6016x4016px
ISO100-40000100-12800
拡張ISO50-10240050-51200
連写高速連続撮影:約6.5コマ/秒、低速連続撮影:約3コマ/秒、ソフト連続撮影:3コマ/秒高速連続撮影:約6.5コマ/秒、低速連続撮影:約1~6コマ/秒、静音連続撮影:約3コマ/秒
連続撮影可能コマ数RAW:約18枚、RAW+JPEGラージ/ファイン:約17枚、JPEGラージ/ファイン:約110枚RAW(ロスレス圧縮RAW/14ビット):15コマ、RAW(ロスレス圧縮RAW/12ビット):25コマ、RAW(圧縮RAW/12ビット):33コマ、DX時RAW(ロスレス圧縮RAW/14ビット):48コマ、JPEG(FINE):87コマ、その他のDX時RAW・JPEG:100コマ
AF方式位相差AF、デュアルピクセルCMOS AF(像面位相差AF、コントラストAF)位相差AF、コントラストAF
測距点45点(クロス:45点)、F5.6対応:45点、F8対応:27点51点(クロス:15点)、F5.6対応:15点、F8対応:11点
測距輝度範囲ファインダー時:EV-3~18、ライブビュー時:EV-2.5~18ファインダー時:EV-3~19
ファインダーペンタプリズム (視野率98%/倍率0.71倍)ペンタプリズム (視野率100%/倍率0.7倍)
モニター3インチ (104万ドット)3.2インチ (122.9万ドット)
シャッタースピード1/4000-30秒
電子先幕シャッター-
電子シャッター-
サイレントシャッターソフト撮影静音撮影
バルブ撮影
セルフタイマー2、10秒2、5、10、20秒
撮影枚数ファインダー時:1200枚、ライブビュー時:380枚1230枚
RAW14bit12/14bit(ロスレス圧縮、圧縮で選択可能)
JPEG
TIFF-
RAW+JPEG
動画フルHD(1920x1080) 60p
ハイフレームレート
ファイル形式MP4、MOV(タイムラプス時)MOV
映像圧縮方式MPEG-4 AVC/H.264 可変(平均)ビットレート方式MPEG-4 AVC/H.264
音声記録方式AAC、ステレオマイクリニアPCM、ステレオマイク
手ぶれ補正動画時:電子手ブレ補正
内蔵フラッシュ-
防塵防滴仕様
ゴミ取り機能
ライブビュー
可動式モニターバリアングル(左右180度、上下270度)チルト(上向き90度、下向き75度)
pictbridge
水準器
タッチパネル-
顔認識
英語対応
Wi-Fi
NFC-
GPS-
Bluetooth-
USB給電
フリッカーレス撮影-
メモリーカードSDXC UHS-IデュアルSDスロットカード(SDXC UHS-I)
144mm140.5mm
高さ110.5mm113mm
奥行き74.8mm78mm
重さ685g750g
総重量765g840g
バッテリーLP-E6N/LP-E6EN-EL15
インターフェイスUSB2.0、HDMIミニ(タイプC)

この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください。引用も自由にどうぞ!

EOS 6D Mark II

D750

比較

売れ筋ランキング
コメント
コメントを投稿する