タムロン、手ブレ補正5段を達成「SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2 (Model A032)」を発売


タムロンは、「SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2 (Model A032)」を発売すると6月30日に発表しました。

クラストップレベルの高性能・高画質を達成SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2 (Model A032)を発売 | 株式会社タムロン
  • タムロンは、「SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2 (Model A032)」を発売する
  • 35mmフルサイズに対応する大口径の標準ズームレンズ
  • 2012年に発売された「SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD (Model A007)」の後継モデル
  • 新制御システム「デュアルMPU」を採用し、手ブレ補正効果5.0段分と優れたオートフォーカスを達成
  • LDレンズ3枚、GMレンズ3枚、複合非球面レンズ1枚を使用してクラストップレベルの高性能・高画質を実現
  • eBANDコーティングによりゴースト・フレアを強力に抑制
  • 防汚コートと簡易防滴構造を採用
  • フードにロック機構を新搭載
  • ニコン用に電磁絞り方式を採用(キヤノン用はすでに電磁絞り方式を採用)
  • 「TAMRON TAP-in Console」でレンズのカスタマイズがユーザー自身で可能
  • ニコン用は8月2日、キヤノン用は9月2日の発売
  • 希望小売価格は15万円(税抜)、販売価格は12万円前後

基本仕様
レンズマウントニコンF、キヤノンEFマウント系タイプズーム
焦点距離24~70mmAF/MFAF:○
MF:○
レンズ構成12群17枚絞り羽根枚数9枚
最短撮影距離0.38m最大撮影倍率0.2倍
絞りF2.8~22画角84.04-34.21度
フィルターサイズ82mm対応センサーフルサイズ
手ブレ補正機能5.0段分防塵・防滴構造簡易防滴構造
最大径×長さ88.4×108.5mm(キヤノン用は111mm)重さ900g(キヤノン用は905g)

「SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2」は非常にハイスペックなレンズにも関わらず、販売価格は12万円前後とコストパフォーマンスが抜群ですね。シグマ「24-70mm F2.8 DG OS HSM | Art」は15万円前後なので、写りにはどのような違いが出るのか気になります。

この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください。引用も自由にどうぞ!

SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2 (Model A032)

売れ筋ランキング
コメント
コメントを投稿する