ニコン、「KeyMission 360」「KeyMission 170」の不具合改善ファームウェアを6月13日に公開


ニコンは、「KeyMission 360」「KeyMission 170」の最新ファームウェアVer.1.0.3を6月13日に公開しました。

Nikon | Download center | KeyMission 360/170 Utility
  • ニコンは、「KeyMission 360」と「KeyMission 170」の最新ファームウェアVer.1.0.3を6月13日に公開した
  • パソコンのデスクトップなどにある画像ファイルを、「KeyMission 360 / 170 Utility」の[フォルダーツリー]、もしくは[サムネイル一覧]にドラッグ&ドロップでコピーができるようになる
  • 【下記の現象を修正】
    - 「KeyMission 360 / 170 Utility」を起動中に、エクスプローラーなど他アプリケーションで追加されたフォルダーが「KeyMission 360 / 170 Utility」の[フォルダーツリー]に表示されない
    - フランス語およびロシア語でインストールした「KeyMission 360 / 170 Utility」において、[BGM追加]をおこなったあとに保存するとエラーが表示される
    - カメラとパソコンの接続をおこなったあと、一旦カメラとの接続を解除すると再度接続を行っても[カメラ]タブがグレーアウトしてしまう
    - 編集メニューの[エフェクト]でエフェクトを適用させたあと、[編集]タブのままエフェクトを適用した動画を再生するとスムーズに再生されない
    - 動画を再録画中にパソコンとカメラの接続が途切れると、[カメラ]および[ローカル]タブが機能しなくなる

「KeyMission 360」は360°撮影、「KeyMission 170」は170°撮影が可能なニコンの防水耐衝撃性能のアクションカメラです。「KeyMission 360」の販売価格は6万円前後、「KeyMission 170」は5万円前後です。

この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください。引用も自由にどうぞ!

KeyMission 360

KeyMission 170

ファームウェア

売れ筋ランキング
コメント
コメントを投稿する