キヤノン、「EOS 5Ds」「EOS 5Ds R」の不具合修正ファームウェアを6月13日に公開


キヤノンは、「EOS 5Ds」と「EOS 5Ds R」の最新ファームウェアを6月13日に公開しました。

EOS 5Ds ファームウエア Version 1.1.1
EOS 5Ds R ファームウエア Version 1.1.1
  • キヤノンは、「EOS 5Ds」と「EOS 5Ds R」の最新ファームウェアを6月13日に公開した
  • HDR(ハイダイナミックレンジ)撮影で、撮影が完了しないことがある現象を修正
  • 特定のマイメニュー設定と特定操作の組み合せで、「Err70」が発生することがある現象を修正
  • グリップ下位置での水準器の表示を修正
  • 特定の「CFカード」使用時に電源ONスイッチのタイミングによっては、電源ONまでに5秒ほどかかることがある現象を修正

「EOS 5Ds」と「EOS 5Ds R」のファームウェア更新内容は同じです。「EOS 5Ds」は5060万画素の35mmフルサイズCMOSセンサーを搭載したキヤノンのデジタル一眼レフカメラです。「EOS 5Ds R」はローパスフィルター効果をキャンセルして「EOS 5Ds」より解像性能を追求したモデルになっています。

この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください。引用も自由にどうぞ!

EOS 5Ds

EOS 5Ds R

ファームウェア

売れ筋ランキング
コメント
コメントを投稿する