パナソニック、EFマウントのシネマカメラ「AU-EVA1」を開発


パナソニックは、EFマウントのコンパクト・シネマカメラ「AU-EVA1」の開発を6月5日に発表しました。

新開発5.7Kスーパー35mmセンサーを搭載した、EFマウント方式4K60Pコンパクト・シネマカメラを開発 | プレスリリース | Panasonic Newsroom Japan
  • パナソニックは、「AU-EVA1」の開発を6月5日に発表した
  • 5.7Kスーパー35mm MOSセンサーを搭載したコンパクトなシネマカメラ
  • マウントにはキヤノンが一眼レフカメラで使用しているEFマウントを採用
  • 4K/2K 10ビット4:2:2映像を実現し、SDXCカード(ダブルスロット)に収録可能
  • V-Logガンマ、V-Gamut、デュアルネイティブISO、4K60Pなどの撮影が可能
  • IRカットフィルターON/OFF機構を搭載し、幻想的なIR(赤外線)シネマトグラフィ撮影を実現
  • 質量は1.2kg

パナソニックから開発発表された製品ですが、マウントはキヤノンのEFマウントが採用され、レンズにはシグマレンズが取り付けられているので面白い組み合わせですね。パナソニックが今後さらにEFマウントに関連する製品を発表するのか気になります。
この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください。引用も自由にどうぞ!

AU-EVA1

売れ筋ランキング
コメント
コメントを投稿する