リコー、防水・耐衝撃カメラ「RICOH WG-50」を6月下旬に発売(※追記あり)


リコーは、アウトドア向けのタフネスカメラ「RICOH WG-50」を6月下旬に発売すると発表しました。(※追記:発売日が6月16日に決定しました)

アウトドア撮影を手軽に楽しめるコンパクトデジタルカメラ「RICOH WG-50」新発売|RICOH IMAGING
  • リコーは、「RICOH WG-50」を6月下旬に発売する
  • 2015年10月23日に発売された「RICOH WG-40」の後継機
  • 水深14mで連続2時間使用できる防水性能(IPX8)、1.6mの耐落下衝撃性能や防塵性能(IP6X)、マイナス10℃の耐寒構造、100kgfの耐荷重構造を備えた防水コンパクトデジタルカメラ
  • 1600万画素のCMOSイメージセンサー(裏面照射型)を搭載
  • 超解像技術を応用した画像処理機能を搭載
  • シーンモードの風景選択時のホワイトバランスを最適化
  • レンズ周辺に近距離用のLED補助光を6灯配置
  • 外光の反射を抑えて映り込みを軽減するAR(Anti-Reflection)コートが施された液晶モニター
  • アウトドアモニターをWGシリーズで初採用
  • HD(1280x720)で120fpsのハイスピード動画が撮影可能
  • カラーはブラックとオレンジの2色
  • 販売価格は3万2000円前後
  • ※追記:発売日が6月16日に決定しました(2017年5月25日の記事から更新)

RICOH WG-50 (オレンジ)
RICOH WG-50 (オレンジ)
RICOH WG-50 (オレンジ)
RICOH WG-50 (オレンジ)

RICOH WG-50 (オレンジ)
RICOH WG-50 (オレンジ)
RICOH WG-50 (オレンジ)
RICOH WG-50 (オレンジ)

基本仕様
画素数1600万有効画素センサー1/2.3型
CMOS 裏面照射型
焦点距離28~140mm(35mm判換算)ズーム光学ズーム:5倍、デジタルズーム:7.2倍
絞り値F3.5~5.5連写
ISO感度125-6400(標準)モニター2.7インチ
23万ドット
シャッタースピードメカニカル:1/4000-1/4秒撮影枚数静止画撮影:300枚、再生時間:260枚
静止画フォーマットJPEG:○動画フルHD(1920x1080) 30p
可動式モニター固定式内蔵フラッシュ
ネットワーク-記録メディアSDXC
幅×高さ×奥行き122.5×61.5×29.5mm重さ173g (本体のみ)
193g (総重量)

「WG-40」ではWi-Fi搭載モデルと非搭載モデルが発売されていましたが、「WG-50」は非搭載に1本化されているようです。新機能として「アウトドアモニター」が搭載されています。

この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください。引用も自由にどうぞ!

RICOH WG-50

売れ筋ランキング
コメント
コメントを投稿する