最もオススメな1.0型(1インチ)コンデジの比較一覧TOP5


最もオススメな1.0型(1インチ)コンデジの比較一覧TOP5

1.0型(1インチ)センサーを搭載したオススメのコンパクトデジタルカメラ一覧について掲載しています。

1.0型センサー(1インチ)は、最近の高級コンパクトデジタルカメラの多くに搭載されるセンサーサイズです。スマートフォンや一般的なコンパクトカメラには、1/2.3型(約6.2x4.6mm)やそれに近いセンサーサイズサイズが搭載されていますが、1.0型センサーは4倍以上もサイズが大きい約13.3x8.8mmのサイズになっています。センサーサイズは大きければ大きいほど画質面でメリットがあり、ノイズ耐性、階調、ボケの大きさや立体感などで有利です。スマートフォンでは実現できないような高画質が撮影でき、かつ今までの一般的なコンパクトカメラと変わらないような小型化も実現しているのが1.0型センサー搭載機です。この記事では、オススメの1.0型センサーを搭載したコンパクトデジタルカメラ(レンズ一体型カメラ)を独断と偏見で選びました。

1.0型(1インチ)センサー搭載のオススメカメラ
1位ソニーCyber-shot RX100
2位キヤノンPowerShot G7 X Mark II
3位パナソニックLUMIX DMC-TX1
4位キヤノンPowerShot G9 X Mark II
5位ソニーCyber-shot DSC-RX10M3

サイバーショット RX100
ソニー
サイバーショット DSC-RX100
サイバーショット DSC-RX100
ソニー「RX100」は1.0型センサー搭載機の草分け的存在の機種です。2012年6月15日にコンパクトカメラで最も早く1.0型センサーを搭載した機種で、現在でも売れ続けているカメラです。「RX100シリーズ」は現在5世代目の「RX100M5」まで発売されていますが、初代の「RX100」も平行して発売されています。「RX100」の魅力はコストパフォーマンスで、4万円以下の価格で1.0型センサーの高画質を楽しむことができます。古い機種なのでオートフォーカスの速度が遅い場合や、現在の機種にはほとんど搭載されているようば便利機能が搭載されていませんが、ただ高画質を撮影する点においては初代の「RX100」も充分な撮影が可能です。まずは1台、大型センサーの高画質を撮影した場合にオススメのカメラです。
RX100シリーズの違いは「RX100シリーズ(RX100 V、RX100 IV、RX100 III、RX100 II、RX100)の違い」をご覧下さい。

価格:38,000円前後

基本仕様
画素数2090万総画素
2020万有効画素
センサー1.0型
13.2×8.8mm Exmor CMOS
焦点距離28~100mm(35mm判換算)ズーム光学ズーム:3.6倍、デジタルズーム:54倍
絞り値F1.8~4.9連写10コマ/秒
ISO感度125-6400(標準)、80-25600(拡張)モニター3インチ
122.9万ドット
シャッタースピードメカニカル:1/2000-30秒撮影枚数330枚
静止画フォーマットRAW:○
JPEG:○
RAW+JPEG同時撮影:○
動画フルHD(1920x1080) 60fps
可動式モニター固定式内蔵フラッシュ
ネットワーク固定式記録メディアSDカード:SDXC、メモリースティック:○
幅×高さ×奥行き101.6×58.1×35.9mm重さ213g (本体のみ)
240g (総重量)


パワーショット G7 X Mark II
キヤノン
PowerShot G7 X Mark II
PowerShot G7 X Mark II
キヤノン「PowerShot G7 X Mark II」は最もバランスが取れた1.0型センサー搭載機です。キヤノンは前モデルを平行して発売することが少ないので、初代の「PowerShot G7 X」は販売終了になっています。「PowerShot G7 X Mark II」は全体的な機能がバランス良く優れており、価格が高くなるような飛び抜けた機能は省略してコストパフォーマンスも実現しているカメラです。24~100mm相当でF1.8-2.8の望遠域に優れたレンズを搭載し、自分撮りに対応できるチルト液晶モニター、Wi-Fi/NECなどの通信機能にUSB充電対応など、現在のカメラのトレンドをバランス良く取り入れています。価格は6万円前後で、最新の1.0型センサー搭載機としては高すぎす安すぎずの中間にあります。6万円以下の予算でどの1.0型センサー搭載機を購入するか迷った場合にオススメなスタンダードカメラです。

価格:60,000円前後

基本仕様
画素数2090万総画素
2010万有効画素
センサー1.0型
CMOS 裏面照射型
焦点距離24~100mm(35mm判換算)ズーム光学ズーム:4.2倍、デジタルズーム:4倍
絞り値F1.8~2.8連写8コマ/秒
ISO感度125-12800(標準)モニター3インチ
104万ドット
シャッタースピードメカニカル:1/2000-30秒撮影枚数265枚
静止画フォーマットRAW:14bit
JPEG:○
RAW+JPEG同時撮影:○
動画フルHD(1920x1080) 60fps
可動式モニターチルト内蔵フラッシュ
ネットワークWi-Fi:○
NFC:○
記録メディアSDカード:SDXC
幅×高さ×奥行き105.5×60.9×42.2mm重さ294g (本体のみ)
319g (総重量)


ルミックス DMC-TX1
パナソニック
LUMIX DMC-TX1
LUMIX DMC-TX1
「TX1」は高倍率ズームに優れた1.0型センサー搭載機です。「RX100」は24-70mm相当、「PowerShot G7 X Mark II」は24-100mm相当で、「TX1」は倍以上のズーム域である25-250mm相当の焦点距離をカバーする光学10倍ズームレンズが搭載されています。「RX100」と「PowerShot G7 X Mark II」は可動式モニターでEVF(電子ビューファインダー)は非搭載ですが、「TX1」は固定式モニターでEVFが搭載されています。パナソニックらしく4K動画や、それを利用した4Kフォト機能など動画に強い仕様になっています。

パナソニックは1.0型センサー搭載機をもう1台ラインナップしており、「LUMIX DMC-LX9」が直接の「RX100」と「PowerShot G7 X Mark II」のライバル機になります。24-72mm相当でF1.4-2.8のレンズを搭載し、可動式モニターでEVFが非搭載です。「TX1」と同様に「LX9」も動画に強いカメラなので、大型のセンサーで高品質な動画撮影を楽しみたい場合にオススメなカメラです。

価格:75,000円前後

基本仕様
画素数2090万総画素
2010万有効画素
センサー1.0型
MOS
焦点距離25~250mm(35mm判換算)ズーム光学ズーム:10倍、デジタルズーム:4倍
絞り値F2.8~5.9連写50コマ/秒
ISO感度125-12800(標準)、80-25600(拡張)モニター3インチ
104万ドット
シャッタースピードメカニカル:1/2000-60秒、電子:1/16000秒撮影枚数300枚
静止画フォーマットRAW:○
JPEG:○
RAW+JPEG同時撮影:○
動画4K(3840x2160) 30fps
可動式モニター固定式内蔵フラッシュ
ネットワークWi-Fi:○記録メディアSDカード:SDXC
幅×高さ×奥行き110.5×64.5×44.3mm重さ268g (本体のみ)
310g (総重量)


パワーショット G9 X Mark II
キヤノン
PowerShot G9 X Mark II (ブラック)
PowerShot G9 X Mark II
「G9 X Mark II」は驚くほど小型軽量化された1.0型センサー搭載機です。5つのカメラの中で最も小型軽量化されており、奥行きは31.3mm、質量は本体のみでたったの182gしかありません。常にバッグに入れておけるだけでなく、Yシャツのポケットに収納できることもあるほど小さなカメラになっています。「G7 X Mark II」と比較すると、「G9 X Mark II」は可動式モニターが固定式になり、レンズのスペックが少し落ちています。自分撮り撮影や様々な撮影スタイルが楽しみたい場合は「G7 X Mark II」、とにかく小型でデザインに優れた1.0型センサー搭載機が欲しい場合は「G9 X Mark II」がオススメです。

価格:55,000円前後

基本仕様
画素数2090万総画素
2010万有効画素
センサー1.0型
CMOS
焦点距離28~84mm(35mm判換算)ズーム光学ズーム:3倍、デジタルズーム:4倍
絞り値F2~4.9連写8.2コマ/秒
ISO感度125-12800(標準)モニター3インチ
104万ドット
シャッタースピードメカニカル:1/2000-30秒撮影枚数235枚
静止画フォーマットRAW:CR2:14bit
JPEG:○
RAW+JPEG同時撮影:○
動画フルHD(1920x1080) 60fps
可動式モニター固定式内蔵フラッシュ
ネットワークWi-Fi:○
NFC:○
記録メディアSDカード:SDXC
幅×高さ×奥行き98×57.9×31.3mm重さ182g (本体のみ)
206g (総重量)


サイバーショット RX10 III DSC-RX10M3
ソニー
RX10 III DSC-RX10M3
RX10 III DSC-RX10M3
「RX10 III」は1台であらゆる撮影に対応できる1.0型センサー搭載機です。他の4つのカメラとは趣向が異なり、「RX10 III」は携帯性に優れたコンパクトカメラではなくネオ一眼などと呼ばれる大型のレンズ一体型カメラです。レンズは24-600mm相当をカバーする光学25倍ズームレンズ(F2.4-4)で、これ1台で広角から超望遠までの撮影をカバーできます。静止画撮影だけでなく動画撮影にも優れたカメラで、4K動画や最大960fpsのスーパースローモーション動画にも対応します。広角から超望遠撮影、静止画から動画撮影まで1台でこなしたい場合にオススメのカメラです。

価格:135,000円前後

基本仕様
画素数2100万総画素
2010万有効画素
センサー1.0型
13.2×8.8mm Exmor RS CMOS 積層型
焦点距離24~600mm(35mm判換算)ズーム光学ズーム:25倍、デジタルズーム:100倍
絞り値F2.4~4連写14コマ/秒
ISO感度100-12800(標準)、64-25600(拡張)モニター3インチ
122.8万ドット
シャッタースピードメカニカル:1/2000-30秒、電子:1/32000秒撮影枚数420枚
静止画フォーマットRAW:○
JPEG:○
RAW+JPEG同時撮影:○
動画4K(3840x2160) 30fps
可動式モニターチルト内蔵フラッシュ
ネットワークWi-Fi:○
NFC:○
記録メディアSDカード:SDXC、メモリースティック:○
幅×高さ×奥行き132.5×94×127.4mm重さ1051g (本体のみ)
1095g (総重量)

この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください。引用も自由にどうぞ!

1.0型センサー

1インチ

コンパクトデジタルカメラ 売れ筋ランキング

コメント
コメントを投稿する