ニコン、「D5500」の不具合修正ファームウェアC:Ver.1.02を5月9日に公開


ニコンは、「D5500」の最新ファームウェアC:Ver.1.02を5月9日に公開しました。

Nikon | Download center | D5500用ファームウェア
  • ニコンは、「D5500」の最新ファームウェアC:Ver.1.02を公開した
  • 【下記の現象を修正】
    - [マイメニュー]>[マイメニュー登録]>[カスタムメニュー]>c[AEロック・タイマー]でマルチセレクターの右を押すと、カメラの操作ができなくなる
    - ライブビュー撮影時、「スピードライト SB-800」をカメラに装着してオートフォーカスでタッチシャッター操作を行うと、シャッターがきれないことがある
    - オートフォーカスが可能な電磁絞りのレンズ(Eタイプ)との組み合わせにおいて、ライブビューで静止画撮影をすると適正な露出にならないことがある
    - ファインダー撮影で撮影した後にファインダーから目を離すと、画像モニターに撮影直後の画像が表示されず、インフォ画面が表示されることがある
    - 撮影モードダイヤルを回すと、[カスタムメニュー]>a[オートフォーカス]>a3[内蔵AF補助光の照射設定]の設定が保存されないことがある

「D5500」は2416万画素のAPS-CサイズCMOSセンサーを搭載したニコンのデジタル一眼レフカメラです。タッチパネルとバリアングル液晶を採用しています。販売価格は6万5000円前後です。

この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください。引用も自由にどうぞ!

D5500

ファームウェア

売れ筋ランキング
コメント
コメントを投稿する