キヤノン、「EOS 7D Mark II」の不具合改善ファームウェアVer.1.1.1を4月27日に公開


キヤノンは、「EOS 7D Mark II」の最新ファームウェアVersion 1.1.1を4月27日に公開しました。

キヤノン:ダウンロード|EOS 7D Mark II ファームウエア Version 1.1.1
  • キヤノンは、「EOS 7D Mark II」の最新ファームウェアVersion 1.1.1を公開した
  • ワイヤレスファイルトランスミッター「WFT-E7B」を使用して画像を転送する際の通信の信頼性を向上
  • 特定のマイメニュー設定と特定操作の組み合わせでErr70が発生する現象を修正
  • ごく稀にシャッターが切れなくなる現象を修正
  • 特定のカスタムファンクション設定における動作の信頼性を向上

「EOS 7D Mark II」は2020万画素のAPS-CサイズCMOSセンサーを搭載したキヤノンのデジタル一眼レフカメラです。最高約10コマ/秒の高速連写を実現しています。販売価格は14万円前後です。

この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください。引用も自由にどうぞ!

EOS 7D Mark II

ファームウェア

カメラ総合 売れ筋ランキング

コメント
コメントを投稿する