シグマ、「SIGMA sd Quattro」のバグ修正ファームウェアVer.1.05を4月21日に公開


シグマは、「SIGMA sd Quattro」のバグ修正ファームウェアVer.1.05を4月21日に公開しました。

SIGMA sd Quattroファームウェアダウンロードサービス開始のお知らせ|株式会社シグマ
  • シグマは、「SIGMA sd Quattro」の最新ファームウェアVer.1.05を公開した
  • 拡大率を4倍に設定して拡大表示によるピント合わせを行うと液晶モニター左側にノイズが発生するバグを修正
  • 「SIGMA 100-400 mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary」で撮影した画像にまれに色ムラが発生する現象を修正

「SIGMA sd Quattro」は2900万画素のAPS-CサイズFoveon X3 ダイレクトイメージセンサー(CMOS)を搭載したシグマのミラーレスカメラです。シグマSAマウントを採用しています。価格は8万円前後です。

この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください。引用も自由にどうぞ!

SIGMA sd Quattro

ファームウェア

売れ筋ランキング
コメント
コメントを投稿する