ツアイス、「Batis 2.8/135」を発表(※追記あり)


カールツァイス(Carl Zeiss)

カールツァイスは、「Batis 2.8/135」を4月5日に発表しました。(※追記:日本国内の発売日が5月12日に決定しました)

ZEISS Batis 2.8/135 | Fullframe autofocus lens for Sony α series
  • カールツァイスは、「Batis 2.8/135」を発表した
  • ソニーEマウント用のフルサイズ対応レンズ(FEレンズ)
  • オートフォーカスに対応
  • 光学式手ブレ補正を内蔵
  • アポゾナー設計
  • 防塵防滴仕様
  • 有機ELディスプレイを装備
  • 販売価格は22万円前後
  • ※追記:日本国内の発売日が5月12日に決定しました(2017年4月5日の記事から更新)

Batis 2.8/135
Batis 2.8/135

基本仕様
レンズマウントソニーEマウント系タイプ単焦点
焦点距離135mmAF/MFAF:○
MF:○
レンズ構成11群14枚絞り羽根枚数
最短撮影距離0.87m最大撮影倍率0.18倍
絞りF2.8~22画角18度
フィルターサイズ67mm対応センサーフルサイズ
手ブレ補正機能防塵・防滴構造
最大径×長さ98×120mm重さ614g

「Batisシリーズ」はオートフォーカスに対応するレンズシリーズなので快適なAF撮影が楽しめそうですね。ポートレート撮影の描写はとても期待できそうで、あとは日本国内での価格がどのようになるのか気になります。

この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください。引用も自由にどうぞ!

Batis 2.8/135

売れ筋ランキング
コメント
コメントを投稿する