「Galaxy S8/S8+」と「Galaxy S7 edge」の違い


サムスン電子(Samsung Electronics)

「Galaxy S8/S8+」と「Galaxy S7 edge」の違いを比較しました。

「Galaxy S8」と「Galaxy S8+」はサムスン電子が3月29日に海外で発表したスマートフォンです。2017年5月23日にはauから、5月24日にはドコモから発売が発表されました。前モデルの「Galaxy S7 edge」より大きくスペックアップしているので外観・スペックを比較してみました。

「Galaxy S8」と「Galaxy S8+」と「Galaxy S7 edge」 1
「Galaxy S8」と「Galaxy S8+」と「Galaxy S7 edge」の正面比較

「Galaxy S8」と「Galaxy S8+」と「Galaxy S7 edge」 2
「Galaxy S8」と「Galaxy S8+」と「Galaxy S7 edge」の背面比較

「Galaxy S8」と「Galaxy S8+」と「Galaxy S7 edge」 3
「Galaxy S8」と「Galaxy S8+」と「Galaxy S7 edge」の背面比較

「Galaxy S8」と「Galaxy S8+」と「Galaxy S7 edge」 4
「Galaxy S8」の正面カラーバリエーション。左からミッドナイトブラック、コーラルブルー、オーキッドグレーです。

「Galaxy S8」と「Galaxy S8+」と「Galaxy S7 edge」 5
「Galaxy S8」の背面カラーバリエーション。左からミッドナイトブラック、コーラルブルー、オーキッドグレーです。

外観・デザイン
  • 【ホームボタンの廃止】
    「Galaxy S8/S8+」は「Galaxy S7 edge」に搭載されていた物理的なホームボタンが廃止されています。ホームボタンはセンサーキーに変更され、ホームボタン位置には感圧センサーが内蔵されたことで押した際に振動が伝わります。ナビゲーションは変更することが可能です。
  • 【ディスプレイの大型化】
    「Galaxy S8/S8+」は物理的なホームボタンが廃止されたことで正面のほぼ全面がディスプレイになっています。「Galaxy S7 edge」はディスプレイが5.5インチでしたが、「Galaxy S8」は5.8インチ、「Galaxy S8+」は6.2インチになりました。
  • 【ディスプレイ比率の変更】
    「Galaxy S7 edge」はディスプレイの縦横比が16:9と一般的なサイズでしたが、「Galaxy S8/S8+」は18.5:9の「Infinity Display」と呼ばれるディスプレイになっています。縦横比が16:9のWQHDディスプレイより縦が少し長いサイズです。
  • 【指紋認証センサーの移動】
    「Galaxy S7 edge」はホームボタンに指紋認証センサーが内蔵されていましたが、「Galaxy S8/S8+」は背面カメラの右側に移動されています。画面が点灯していない状態でも指紋認証による解除が可能です。
  • 【小型化】
    「Galaxy S8」は「Galaxy S7 edge」より横幅が4.5mm小さくなっていますが、ディスプレイサイズは0.3インチ大きくなっています。「Galaxy S8+」とは横幅が0.8mm大きくなっていますが、ディスプレイは0.7インチも大きくなりました。

追加した機能
  • 【虹彩認証】
    「Galaxy S8/S8+」は新たに「虹彩認証」に対応しています。「指紋認証」と組み合わせて使用可能です。
  • 【顔認証】
    「Galaxy S8/S8+」は新たに「顔認証」に対応しています。「指紋認証」と組み合わせて使用可能です。
  • 【インテリジェントサービス「Bixby(ビックスビー)」】
    「Galaxy S8/S8+」は新たにスマートフォンのアシスタント機能「Bixby」に対応しています。左側の音量キー下に「Bixbyキー」が追加されています。日本では「Bixby Vision」と「Bixby Home」に対応しており、「Bixby Vision」はカメラ画像で検索などができ、「Bixby Home」はカレンダースケジュールなどをユーザーに通知することができます。音声でスマートフォンをコントロールできる「Bixby Voice」や「Bixby Reminder」は日本版には搭載されていないようです。
  • 【Samsung DeX】
    「Galaxy S8/S8+」は「Samsung DeX」に対応しています。対応ドックの「Samsung DeX Station」とモニターを接続することで、パソコンのような操作が可能です。Windowsアプリケーションの利用できます。
    ※日本国内では「DeX Station」の発売日が2017年11月1日に決定しました。対応機種は「Galaxy Note8」「Galaxy S8/S8+」です。


「Galaxy S8」と「Galaxy S8+」と「Galaxy S7 edge」のスペック違いを比較
製品名Galaxy S8Galaxy S8+Galaxy S7 edge
発売日2017年6月8日2016年05月19日
キャリアau、ドコモ
価格9万4000円前後11万9000円前後-
OS(発売時)Android 7.0Android 6.0(Android 7.0にアップデート可能)
メモリ4GB
内蔵ストレージ64GB64GB、32GB
外部ストレージmicroSDXC(256GB)
プロセッサーMSM8998 2.35GHz/クアッドコア+1.9GHz/クアッドコア、Qualcomm Snapdragon 835、10nmプロセスMSM8996 2.2GHz デュアルコア+1.6GHz デュアルコア、Qualcomm Snapdragon 820、14nmプロセス
LTE169
Wi-FiIEEE802.11a/b/g/n/ac
Wi-Fiテザリング最大10台
キャリアアグリゲーション
Miracast対応
BluetoothVer.5.0Ver.4.2
GPS
NFC
おサイフケータイ
赤外線通信-
テレビワンセグ、フルセグ
テレビ連続視聴時間ワンセグ:約12時間30分、フルセグ:約9時間20分ワンセグ:約14時間20分、フルセグ:約10時間40分ワンセグ:約11時間20分、フルセグ:約7時間20分
ハイレゾ
Snap Window-
HDRコンテンツ-
虹彩認証-
顔認証-
指紋認証
エッジディスプレイ
サイズ5.8インチ(Super AMOLED Infinite Display)、1677万色6.2インチ(Super AMOLED Infinite Display)、1677万色5.5インチ(Super AMOLED Edge Screen)、1677万色
解像度2960x1440(QHD+)2560x1440(Quad HD)
縦横比18.5:916:9
センサー(背面カメラ)1220万画素(デュアルピクセル)、CMOSセンサー
レンズ(背面カメラ)F1.7
撮影ライト静止画:○、動画:○動画:○
手ブレ補正静止画:○、動画:○
電子手ブレ補正-
接写機能-
静止画撮影サイズ4032x3024
動画撮影サイズ3840x2160
静止画・動画ズーム8倍
センサー(正面カメラ)800万画素(AF対応)、CMOSセンサー500万画素
レンズ(正面カメラ)F1.7
バッテリー容量3000mAh3500mAh3600mAh
連続通話時間約1420分約1680分約1480分
電池待ち時間約100時間約115時間約95時間
充電時間約110分
電池パック取り外し不可
接続端子USB 3.0 Type-CマイクロUSB
ハイレゾ
3.5mmヘッドフォンジャック
HDMI出力-
防水・防塵性能○(IPX5/IPX8、IP6X)
カラーミッドナイトブラック、オーキッドグレー、コーラルブルーミッドナイトブラック、アークティックシルバーミッドナイトブラック、オーキッドグレー、コーラルブルー、アークティックシルバー、メイプルゴールド
68.1mm73.4mm72.6mm
高さ148.9mm159.5mm150.9mm
奥行き(厚み)8mm8.1mm7.7mm
重さ155g173g157g

この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください。引用も自由にどうぞ!

Galaxy S8

Galaxy S8+

Galaxy S7 edge

比較

売れ筋ランキング
コメント
コメントを投稿する