【Photoshop】「マスクの境界線」でレイヤーマスクを調整する方法


【Photoshop】「マスクの境界線」でレイヤーマスクを調整する方法

Adobe Photoshopの「マスクの境界線」でレイヤーマスクを調整する方法について掲載しています。【Adobe Photoshop CS6】

Adobe Photoshop(アドビ フォトショップ)には、指定した範囲だけを調節できる「レイヤーマスク」という機能があります。「レイヤーマスク」は作成後に自由に調節が可能です。この記事は「【Photoshop】「レベル補正」の「出力レベル」で黒色を白色に変換する方法」の続きになります。

(Note・・・WindowsとMacではキーが違います。Windowsの「Ctrl」はMacの「command」、Windowsの「Alt」はMacの「option」、Windowsの「Enter」はMacの「return」になります。)

「おそば」の「そ」の字にレイヤーマスクが使用されています。
「マスクの境界線」でレイヤーマスクを調整する方法 1

「レイヤーマスクサムネール」をダブルクリックします。
「マスクの境界線」でレイヤーマスクを調整する方法 1

以下の画面が表示されるので「マスクの境界線」をクリックします。
「マスクの境界線」でレイヤーマスクを調整する方法 2

「マスクを調整」が表示されました。
「マスクの境界線」でレイヤーマスクを調整する方法 3

好みの表示方法を選択します。今回は「黒地」を選択します。「そ」の字では分かりづらいので、猫の毛でマスクを調整してみます。
「マスクの境界線」でレイヤーマスクを調整する方法 4

以下のように、レイヤーマスクで選択されている部分だけ白色になりました。
「マスクの境界線」でレイヤーマスクを調整する方法 5

まずは「エッジの検出」を調節してみます。「半径」の数値を大きくするとエッジ(ふち)の部分がはっきりするので、髪の毛などをしっかり選択したい場合に使用します。
「マスクの境界線」でレイヤーマスクを調整する方法 6

最大まで「半径」を上げると選択範囲が広がりました。
「マスクの境界線」でレイヤーマスクを調整する方法 7

「スマート半径」にチェックを入れてみます。「スマート半径」は自動で半径を調整してくれる機能で、チェックを入れたり外したりしてレイヤーマスクの状態を調節したほうがいいと思います。
「マスクの境界線」でレイヤーマスクを調整する方法 8

次は「エッジの調節」を変更してみます。エッジ(ふち)部分をはっきりと表示したり曖昧に表示したりと変更できます。まずは「滑らかに」の数値を最大にしてみます。
「マスクの境界線」でレイヤーマスクを調整する方法 9

角が滑らかになりました。
「マスクの境界線」でレイヤーマスクを調整する方法 10

「ぼかし」の数値を上げてみます。
「マスクの境界線」でレイヤーマスクを調整する方法 11

レイヤーマスクが選択されている場所と、選択されていない場所の境界線がぼかされた状態になりました。
「マスクの境界線」でレイヤーマスクを調整する方法 11

「コントラスト」を100%にしてみます。
「マスクの境界線」でレイヤーマスクを調整する方法 11

エッジ(ふち)部分の選択が明確にはっきりと表示されています。
「マスクの境界線」でレイヤーマスクを調整する方法 11

最後は「エッジをシフト」を調整してみます。「エッジをシフト」は-100~+100%まで選択することができます。
「マスクの境界線」でレイヤーマスクを調整する方法 11

+100%が以下の画像です。レイヤーマスクの境界線が広まり、選択した範囲が大きくなりました。
「マスクの境界線」でレイヤーマスクを調整する方法 11

-100%にするとレイヤーマスクの範囲が狭まります。
「マスクの境界線」でレイヤーマスクを調整する方法 12

参考になれば幸いです。
ライター:kou
この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください。引用も自由にどうぞ!

Adobe Photoshop

マスクの境界線

コンパクトデジタルカメラ 売れ筋ランキング

コメント
コメントを投稿する