富士フイルム、「クリップオンフラッシュ EF-X500」の発熱対策ファームウェアを公開


富士フイルムは、「クリップオンフラッシュ EF-X500」の発熱対策ファームウェアを3月21日に公開しました。

「クリップオンフラッシュ EF-X500」をご使用のお客さまへのお知らせ : お知らせ | 富士フイルム
  • 富士フイルムは、「クリップオンフラッシュ EF-X500」の発熱対策ファームウェアを公開した
  • 以下の現象が発生することを確認
  • アルカリ電池を使用の場合に電池が発熱し、電池取り出し時に熱傷を負う可能性
  • フラッシュの電源が入らなくなる現象が発生
  • 富士フイルムのサイトで対策ファームウェアを公開
  • ファームウェア更新が必要になるのかは対象シリアル番号で確認可能

以下のURLから対象シリアル番号が検索可能です。「EF-X500」のファームウェア更新は「FUJIFILM X-Pro2」「X-T1」「X-T2」に装着してアップデート可能で、対象カメラを持っていない場合は富士フイルムサービスステーション(修理窓口)か修理サービスセンターへの郵送で対応するとのことです。詳しくはURLをご確認下さい。
URL:「クリップオンフラッシュ EF-X500」をご使用のお客さまへのお知らせ

この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください。引用も自由にどうぞ!

クリップオンフラッシュ EF-X500

ファームウェア

カメラ総合 売れ筋ランキング

コメント
コメントを投稿する