「フレームレート」や「ビットレート」とは?


「フレームレート」や「ビットレート」とは?

動画の「フレームレート」や「ビットレート」について掲載しています。

フレームレート
動画はパラパラ漫画のように複数の画像で成り立っています。パラパラ漫画は紙の枚数が多ければ多いほど滑らかに描写できるのと同じように、動画の画像も多ければ多いほど滑らかな映像になります。

動画のコマ数は「フレーム毎秒」という意味の「fps(frames per second)」で表されます。例えば、30fpsなら1秒間に30枚の画像が入れ替わり、60fpsなら60枚の画像が入れ替わります。30fpsでは少しカクカクした動画になるので、滑らかな動画にしたい場合は60fpsがオススメです。しかしその分、動画のファイルの容量は増えます。

一般的な動画の再生環境では60fpsが上限になっています。120fpsなどのハイフレームレートを撮影できるカメラが増えてきますが、それらはスローモーション動画として使われます。

動画の「フレームレート」や「ビットレート」とは 1
60コマ/秒の例
動画の「フレームレート」や「ビットレート」とは 2
30コマ/秒の例

60 fps 30 fps 24 fps
使用用途 YouTube、個人の動画 テレビ 映画、アニメ

ビットレート
ビットレートは、動画1秒間にどれだけの情報量があるのかを示します。基本的にはビットレートが大きければ大きいほど画質が良くなります。データ転送レートとも言います。

ビットレートは「bps」という単位で表されます。動画は映像と音声によって成りなっているので、映像のビットレートと、音声のビットレート、それを合わせたビットレート(総ビットレート)があります。一般的にビットレートという場合は、総ビットレートのことを示します。

動画の「フレームレート」や「ビットレート」とは 3
動画を「右クリック」→「プロパティ」→「詳細」で確認できるビットレート

ビットレートは、「kbps(キロビット)」と「Mbps(メガビット)」の2種類で表されることがあります。「1,000 kbps(正確には1,024 kbps)」=「1 Mbps」です。「○ Mbps」x1000=「○ kbps」となり、「○ kbps」x0.001=「○ Mbps」になります。

ビットレートには3種類あります。
固定ビットレート 可変ビットレート 平均ビットレート
意味 CBR(コンスタントビットレート)とも言う。ビットレートが常に一定。 VBR(バリアブルビットレート)とも言う。シーンに応じてビットレートが上下する。 ABR(アベレージビットレート)とも言う。可変ビットレートの一種で、事前に目標ビットレートを指定できる。

ビットレートは画質の良し悪しにダイレクトに影響します。以下の画像は、37 Mbpsの動画から切り出した静止画と、1 Mbpsから切り出した静止画です。動画のコンテンツによって異なりますが、一般的には、10 Mbps前後が高画質、5 Mbps前後が中画質、1 Mbps前後が低画質になります。高画質ほどファイル容量が大きく、低画質ほど低くなります。
動画の「フレームレート」や「ビットレート」とは 4
37 Mbps
動画の「フレームレート」や「ビットレート」とは 5
1 Mbps

最大ビットレートの例
BSデジタル 地上デジタル Blu-ray DVD
ビットレート 24 Mbps 17 Mbps 54 Mbps 9.8 Mbps
この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください!

ビットレート

フレームレート

売れ筋ランキング
コメント
コメントを投稿する