【Illustrator】「ブレンドツール」でオブジェクトが移動したような影を制作する方法


【Illustrator】「ブレンドツール」でオブジェクトが移動したような影を制作する方法

Adobe Illustratorの「ブレンドツール」を使ってオブジェクトが移動したような影を制作する方法について掲載しています。【Adobe Illustrator CS6】

Adobe Illustrator(アドビ イラストレーター)では、「ブレンドツール」を利用して2つのオブジェクトの間にそのオブジェクトの形状を複数配置することができます。これを利用してオブジェクトが動いたような影を制作することができます。

(Note・・・WindowsとMacではキーが違います。Windowsの「Ctrl」はMacの「command」、Windowsの「Alt」はMacの「option」、Windowsの「Enter」はMacの「return」になります。)

ハサミが左下から移動してきたような影を制作します。
オブジェクトが移動したような影を制作する方法 1

移動する開始位置にハサミのコピーを設置します。
オブジェクトが移動したような影を制作する方法 2

「レイヤー」は以下のようになっています。「レイヤー 1のコピー」がオリジナルのハサミを一つだけコピーしたもので非表示の状態。「レイヤー 1」はこれから影にするものでハサミが2つあり、表示状態になっています。
オブジェクトが移動したような影を制作する方法 3

「ブレンドツール」をダブルクリックします。
オブジェクトが移動したような影を制作する方法 4

「ブレンドオプション」が表示されるので、「ステップ数」「100」を設定してOKボタンを押します。
オブジェクトが移動したような影を制作する方法 5

するとカーソルの形が代わるので、2つのハサミを順番にクリックします。オブジェクトがパスの状態でないと「ブレンドツール」は利用できません。ハサミとハサミの間に複数のハサミが配置されました。
オブジェクトが移動したような影を制作する方法 6

この状態では見せかけの形で複数配置しているように見えているだけですので、「オブジェクト」→「ブレンド」→「拡張」をクリックして実際にハサミを複数配置させます。
オブジェクトが移動したような影を制作する方法 7

ハサミが一つ一つ編集できる状態になりました。
オブジェクトが移動したような影を制作する方法 8

今回はこの形状を影にしたいだけですので、「パスファインダー」の「合体」をクリックして1つのパスにします。
オブジェクトが移動したような影を制作する方法 9

1つのパスになりました。ギザギザ部分が気になる場合は「オブジェクト」→「パス」→「単純化」で不要なアンカーポイントを削除するか、ペンツールでギザギザ部分に上から直線を描いて「パスファインダー」→「合体」をすると綺麗にできます。
オブジェクトが移動したような影を制作する方法 10

影になる部分を選択して「不透明度」「10%」にします。
オブジェクトが移動したような影を制作する方法 11

非表示にしていた「レイヤー 1のコピー」を表示すると以下のようにハサミが移動したような影になります。あとは影部分を「Alt」を押しながら「消しゴムツール」で綺麗に成形したり、白色の背景を違う色に変更したりするとより綺麗に見えます。
オブジェクトが移動したような影を制作する方法 12

参考になれば幸いです。
ライター:kou
この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください。引用も自由にどうぞ!

Adobe Illustrator

ブレンドツール

売れ筋ランキング
コメント
コメントを投稿する