「D810」の後継機について聞いてきました。(CP+2017)


パシフィコ横浜で開催している「CP+2017」ニコンブースに行ってきた記事を掲載しています。

新製品が発表されなかったニコンですが、ニコンブースはかなり人気でした。
「CP+2017」ニコンブース 1

特にセミナーはスペースからはみ出すほど人が集まっていました。ステージは2つありました。
「CP+2017」ニコンブース 2

ニコンの歴代カメラが紹介されています。ニコン100周年のレンズキャップなどが装着された一眼レフも展示されていました。なぜか写真撮影するのを忘れてしまいましたorz
「CP+2017」ニコンブース 3

ニコンブースは他のブースよりじっくりニコンスタッフと話しをすることができました。行列になっているプレゼンテーションカウンターに並び、順番がきたらカウンターでニコンスタッフの方と会話ができます。一眼レフとCOOLPIXなどのコンデジでは場所が分かれています。機材は希望のものを伝えるとそこで出してくれるスタイルです。ニコン機を持っていってもレンズはカウンターで用意されたカメラにしか装着できません。家族連れで機材相談されている方や、かなり熱心に質問されている方もいました。行列に加えてずっと立ちっぱなしなのでニコンスタッフの方は大変そうだと思いました。
「CP+2017」ニコンブース 4

まず初めにAF-Pレンズについて聞くと、もしかするとD800のような現在は対応していないカメラでも将来ファームアップで対応するかもしれないとのことです。そもそもフルサイズ対応のAF-Pレンズがまだ登場していないので、もし実現したとしても少し先の話しになると思います。D810の後継機について聞くと、その質問はかなり多くの人から聞かれていると言っていました。皆さん考えることは同じなんですね(笑)。もちろん答えられないとのことでしたが、今年中に登場するような気はちょっとしました。
「CP+2017」ニコンブース 5

参考になれば幸いです。
ライター:kou
この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください。引用も自由にどうぞ!

ニコンブース

CP+2017

売れ筋ランキング
コメント
コメントを投稿する