キヤノン、「EF-S18-55mm F4-5.6 IS STM」を4月上旬に発売


キヤノンは、「EF-S18-55mm F4-5.6 IS STM」を4月上旬に発売すると発表しました。

キヤノン:EF-S18-55mm F4-5.6 IS STM|概要
  • キヤノンは、「EF-S18-55mm F4-5.6 IS STM」を発売する
  • 2013年4月12日に発売された「EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM」の後継機と思われるレンズ
  • 35mm換算で29-88mm相当の焦点距離をカバー
  • 4.0段分の手ブレ補正機構ISを搭載
  • リードスクリュータイプSTMにより、静止画・動画時に快適なオートフォーカスを実現
  • 価格は3万円前後

基本仕様
レンズマウントキヤノンEFマウント系タイプズーム
焦点距離18~55mm
29~88mm(35mm判換算)
AF/MFAF:○
MF:○
レンズ構成10群12枚絞り羽根枚数7枚
最短撮影距離0.25m最大撮影倍率0.25倍
絞りF4~32画角74.20~11.30度
フィルターサイズ58mm対応センサーAPS-C
手ブレ補正機能4.0段分防塵・防滴構造
最大径×長さ66.5×61.8mm重さ215g

従来レンズより広角時がF3.5からF4と暗くなっていますが、かなりの小型化がされているようです。最大径は2.5mm、長さは13.4mmの短縮を実現しています。

この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください。引用も自由にどうぞ!

EF-S18-55mm F4-5.6 IS STM

売れ筋ランキング
コメント
コメントを投稿する