マイクロフォーサーズ規格にAgrowing、Qtechnology、インタニヤが賛同


オリンパスとパナソニックは、マイクロフォーサーズ規格にAgrowing、Qtechnology、インタニヤの3社が新たに賛同したと発表しました。

オリンパス ニュースリリース: マイクロフォーサーズシステム規格にAgrowing、Qtechnology、インタニヤの3社が新たに賛同
  • オリンパスとパナソニックは、マイクロフォーサーズシステム規格にAgrowing、Qtechnology、インタニヤの3社が新たに賛同したと発表した
  • 【Agrowing社(Agrowing LTD.)】
    2014年設立で本社はイスラエル。農業分野におけるリモートセンシング製品の開発を手がける
  • 【Qtechnology社(Qtechnology A/S)】
    2007年設立。一つのカメラでレンズやセンサーを交換するマルチスペクトルカメラを供給
  • 【株式会社インタニヤ】
    1988年創業で本社は新宿区。日本製の魚眼レンズ付きデジタルカメラ生産からパノラマ変換投稿サイト「EntapanoVR」の運営まで手がける

インタニヤはマイクロフォーサーズマウントの250°魚眼レンズ「Entaniya Fisheye 250 MFT」を発売しています。VRの分野でもマイクロフォーサーズが活躍してきそうですね。
URL:インタニヤ、驚異的な250°魚眼レンズ「Entaniya Fisheye 250 MFT」を発売
この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください。引用も自由にどうぞ!

マイクロフォーサーズシステム規格

家電総合 売れ筋ランキング

コメント
コメントを投稿する