ニッシンジャパン、電波式TTLコマンダー「Air10s」を発売(※追記あり)


ニッシンジャパン(Nissin Japan)

ニッシンジャパンは、電波式TTLコマンダー「Air10s」を4月に発売すると発表しました。(※追記:キヤノン・ニコン用の発売日が決定しました)

ニッシンデジタル公式ホームページ: 【新製品】電波式TTLコマンダーの上位機種「Air10s」を4月より発売
  • ニッシンジャパンは、「Air10s」を発売する
  • 従来モデル「Air1」の上位モデル
  • 「NAS」対応のストロボ(i60A、Di700A)やレシーバー「AirR」を遠隔操作できる
  • 使用可能範囲は従来モデルより大幅に拡大して100mに対応
  • 「NAS」はニッシンジャパンの電波式ワイヤレスTTL通信システム
  • ファームウェア更新用のマイクロSDスロットを装備
  • サイズは約65(L)x60(W)x60(H)mm 約73g(電池を除く)
  • 対応タイプは、ソニー、キヤノン、ニコン、フォーサーズ、富士フイルム用
  • 価格は1万9000円前後
  • ※追記:キヤノン用の発売日が10月27日に決定しました(2017年2月11日の記事から更新)
  • ※追記:ニコン用の発売日が12月14日に決定しました(2017年10月21日の記事から再更新)

「NAS」対応のストロボなら異なるマウント用であっても「Air10s」でフルコントロールが可能なので、異なるメーカーのカメラを複数使用している場合はとても便利そうですね。ファームウェア更新がユーザー自身でできるので不具合が生じた場合にもすぐに対応できそうです。

この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください。引用も自由にどうぞ!

Air10s

売れ筋ランキング
コメント
コメントを投稿する