ソニー、スーパースローモーション動画対応「スマホ向けCMOSセンサー」を開発


ソニーは、「DRAMを積層した3層構造のスマートフォン向けCMOSイメージセンサー」を開発したと発表しました。

Sony Japan | ニュースリリース | 業界初、DRAMを積層した3層構造のスマートフォン向けCMOSイメージセンサーを開発
  • ソニーは、「DRAMを積層した3層構造のスマートフォン向けCMOSイメージセンサー」を発表した
  • 従来の裏面照射型画素部分と信号処理回路部分との2層構造の積層型CMOSイメージセンサーに、業界で初めてDRAMを積層したセンサー
  • 高速読み出しを実現し、フォーカルプレーン歪みを抑えた静止画が撮影可能
  • 動画は従来「IMX318」の約8倍となる毎秒最大1,000フレームのスーパースローモーション動画が撮影可能
  • 1930万画素サイズの静止画1枚を120分の1秒で読み出すことができる高速撮影を実現

スマートフォン向けのCMOSセンサーなので、これにより電子シャッターでも高速で動く被写体を歪みが少なく撮影することができますね。また、スマートフォンでのハイスピード動画も飛躍的に向上しそうです。
この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください。引用も自由にどうぞ!

DRAMを積層した3層構造のスマートフォン向けCMOSイメージセンサー

デジタル一眼 売れ筋ランキング

コメント
コメントを投稿する