「FUJIFILM X-T20」と「M5」と「G8」と「E-M10 Mark II」と「α7R II」と「SL」の違い


「FUJIFILM X-T20」と「EOS M5」と「LUMIX DMC-G8」と「E-M10 Mark II」と「α7R II」と「ライカSL」の違いを比較しました。

「FUJIFILM X-T20」は1月19日に発表された富士フイルムのミラーレスカメラです。エントリークラスからミドルクラスまでをカバーするカメラなので、他メーカーのライバル機と思われるミラーレスと外観を比較してみました。「FUJIFILM X-T20」は電子ビューファインダーが光軸上にある一眼レフスタイルのカメラなので、同様のスタイルのカメラのみを比較しています。
※追記:「E-M10 Mark II」の画像が「E-M5 Mark II」になっています。申し訳ありません。

「FUJIFILM X-T20」と「EOS M5」と「LUMIX DMC-G8」と「E-M10 Mark II」と「α7R II」と「ライカSL」 1
「FUJIFILM X-T20」と「EOS M5」と「LUMIX DMC-G8」と「E-M10 Mark II」と「α7R II」と「ライカSL」の正面比較

「FUJIFILM X-T20」と「EOS M5」と「LUMIX DMC-G8」と「E-M10 Mark II」と「α7R II」と「ライカSL」 2
「FUJIFILM X-T20」と「EOS M5」と「LUMIX DMC-G8」と「E-M10 Mark II」と「α7R II」と「ライカSL」の背面比較

「FUJIFILM X-T20」と「EOS M5」と「LUMIX DMC-G8」と「E-M10 Mark II」と「α7R II」と「ライカSL」 3
「FUJIFILM X-T20」と「EOS M5」と「LUMIX DMC-G8」と「E-M10 Mark II」と「α7R II」と「ライカSL」の上部比較

「FUJIFILM X-T20」と「EOS M5」と「LUMIX DMC-G8」と「E-M10 Mark II」と「α7R II」と「ライカSL」 4
「FUJIFILM X-T20」と「EOS M5」と「LUMIX DMC-G8」と「E-M10 Mark II」と「α7R II」と「ライカSL」の正面横並び比較

「FUJIFILM X-T20」と「EOS M5」と「LUMIX DMC-G8」と「E-M10 Mark II」と「α7R II」と「ライカSL」 5
「FUJIFILM X-T20」と「EOS M5」と「LUMIX DMC-G8」と「E-M10 Mark II」と「α7R II」と「ライカSL」の背面横並び比較

「FUJIFILM X-T20」と「EOS M5」と「LUMIX DMC-G8」と「E-M10 Mark II」と「α7R II」と「ライカSL」 6
「FUJIFILM X-T20」と「EOS M5」と「LUMIX DMC-G8」と「E-M10 Mark II」と「α7R II」と「ライカSL」の上部横並び比較

「FUJIFILM X-T20」とキヤノン「EOS M5」の外観を比較すると、「FUJIFILM X-T20」はファインダーが「EOS M5」のようにハッキリと飛び出した外観ではなく、グリップ部も「EOS M5」のように深い形状ではありません。「EOS M5」はキヤノンのミラーレスカメラで最上位なので、初級から中級をカバーする「FUJIFILM X-T20」より上位に位置づけされたカメラです。「FUJIFILM X-T二桁シリーズ」の上位には「FUJIFILM X-T一桁シリーズ」があります。「LUMIX DMC-G8」は静止画と動画を重視したハイブリッドフォトグラフィのシリーズで、上位には「GHシリーズ」があります。「FUJIFILM X-T20」と比べると、「LUMIX DMC-G8」はガッチリとした一眼レフに近い形状で防塵・防滴仕様になっています(FUJIFILM X-T20は防塵・防滴仕様ではありません)。「FUJIFILM X-T20」と「LUMIX DMC-G8」はどちらも4K動画に対応していますが、「LUMIX DMC-G8」はより放熱処理に優れたボディになっています。「OM-D E-M10 Mark II」は上位に「E-M5シリーズ」があり、そのさらに上位に「E-M1シリーズ」があります。「FUJIFILM X-T20」のライバル機としては、「E-M10シリーズ」ではなく「E-M5シリーズ」かもしれません。外観やボディの質感はこの5つのカメラの中では一番「FUJIFILM X-T20」に近いと思います。「FUJIFILM X-T20」と「EOS M5」はAPS-Cセンサー、「LUMIX DMC-G8」と「E-M10 Mark II」はフォーサーズセンサー(APS-Cセンサーより小型サイズ)、「α7R II」と「ライカSL」はフルサイズセンサー搭載機です。「α7R II」と「ライカSL」はどちらもプロ機に近いカテゴリにあるカメラなので、「FUJIFILM X-T20」のライバル機ではなく外観の参考として比較しました。「α7R II」のフルサイズセンサーはAPS-Cセンサーより非常に大型のサイズですが、「FUJIFILM X-T20」とあまり変わらないほど小型化されています。「ライカSL」は厚み以外はあまり一眼レフ機と変わらない大きさになっています(ライカSLの厚み39mmはグリップ部もファインダー部も含めない長さです)。







この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください。引用も自由にどうぞ!

FUJIFILM X-T20

EOS M5

LUMIX DMC-G8

E-M10 Mark II

α7R II

ライカSL

比較

売れ筋ランキング
コメント
コメントを投稿する