ソニー、「α6500」「DSC-RX100M5」の安定性向上ファームウェアを1月24日に公開


ソニーは、「α6500」と「DSC-RX100M5」の安定性を向上するファームウェア1.01を1月24日に公開しました。

ILCE-6500 本体ソフトウェアアップデート|本体アップデート情報 | デジタル一眼カメラα(アルファ) | ソニー
DSC-RX100M5 本体ソフトウェアアップデート|本体アップデート情報 | デジタル一眼カメラα(アルファ) | ソニー
  • ソニーは、「α6500」と「DSC-RX100M5」の最新ファームウェア1.01を公開した
  • 特定の設定にて、電源が入らなくなる症状を改善(画質:RAW+JPEG、美肌効果:入かつ顔検出:入)
  • その他動作の安定性向上

「α6500」は2420万画素のAPS-CサイズExmor CMOSセンサーを搭載したソニーのミラーレスカメラです。5軸手ブレ補正やタッチパネルに対応しています。価格は14万円前後です。

この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください。引用も自由にどうぞ!

α6500 ILCE-6500

ファームウェア

売れ筋ランキング
コメント
コメントを投稿する