ニコン、「スピードライト SB-500」の不具合改善ファームウェアを1月24日に公開


ニコンは、「スピードライト SB-500」の不具合改善ファームウェアを1月24日に公開しました。

Nikon | Download center | SB-500用ファームウェア
  • ニコンは、「スピードライト SB-500」の最新ファームウェアVer.13.002を公開した
  • 【SB-500のファームウェアをバージョンアップできるカメラ】
    - D5、D4、D4S、Df、D3X、D3S
    - D3 ファームウェア A / B:Ver.2.00 以降
    - D810、D810A、D800、D800E、D750、D700、D610、D600、D500、D300S
    - D300 ファームウェア A / B:Ver.1.10 以降
    - D7200、D7100、D7000、D5600、D5500、D5300、D5200、D5100、D5000、D3400、D3300、D3200、D3100、D3000、D90
    - COOLPIX A
  • 【Ver.13.002への変更内容】
    SB-500と以下のニコンクリエイティブライティングシステム対応のカメラの組み合わせで使用した場合、ごくまれにSB-500が動作しないことがある現象を修正
    - D5、D4、D4S、Df、D810、D810A、D800、D800E、D750、D700、D610、D600、D500、D300、D300S、D7200、D7100、D7000、D5600、D5500、D5300、D5200、D5100、D5000、D3400、D3300、D3200、D3100、D3000、D90、D60、D40、D40X
    - COOLPIX A、COOLPIX P7800、COOLPIX P7700
  • 【ファームウェアのバージョンアップ方法】
    カメラにSB-500を取り付けた状態で行う

「スピードライト SB-500」はガイドナンバー24のLEDライトを搭載したニコンの外付けフラッシュです。小型・軽量化を実現しています。価格は2万6000円前後です。

この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください。引用も自由にどうぞ!

スピードライト SB-500

ファームウェア

売れ筋ランキング
コメント
コメントを投稿する