富士フイルム、「FUJIFILM X100F」を2月下旬に発売(※追記あり)


富士フイルムは、「FUJIFILM X100F」を2月下旬に発売すると発表しました。(※追記:発売日が2月23日に決定しました)

究極の高画質を実現するプレミアムコンパクトデジタルカメラ「X100シリーズ」の第4世代 光学式と電子式を自在に切り替えられる「アドバンスト・ハイブリッドビューファインダー」がさらに進化!「FUJIFILM X100F」新発売 : ニュースリリース | 富士フイルム
  • 富士フイルムは、「FUJIFILM X100F」を発売する
  • 2014年11月15日に発売された「FUJIFILM X100T」の後継機
  • レンズ一体型のプレミアムコンパクトデジタルカメラ
  • 2430万画素のAPS-Cサイズ「X-Trans CMOS III」センサーと画像処理エンジン「X-Processor Pro」を搭載
  • OVFとEVFを切り替えられる「アドバンスト・ハイブリッドビューファインダー」にOVF内の小型EVFに表示した映像の倍率を切り替えできる機能を追加
  • 像面位相差AFエリアが約230%に拡大し、測距点は49点から91点(最大325点)に拡大
  • AFアルゴリズムを改善し、曇天時などコントラストの低いシーンでも確実にピント合わせが可能
  • 1.5倍の画素数に関わらず、高感度性能を向上
  • 起動時間約0.5秒、シャッタータイムラグ最速0.01秒、最短撮影間隔0.2秒など基本レスポンスを極限まで短縮
  • カメラ背面にフォーカスエリアを移動するフォーカスレバーを搭載
  • 価格は14万円前後
  • ※追記:発売日が2月23日に決定しました(2017年1月19日の記事から更新)

FUJIFILM X100F (ブラック)
FUJIFILM X100F (ブラック)
FUJIFILM X100F (シルバー)
FUJIFILM X100F (シルバー)

基本仕様
焦点距離35mm(35mm判換算)センサーAPS-C
23.6×15.6mm X-Trans CMOS III
画素数2430万有効画素連写8コマ/秒
AF方式像面位相差AF、コントラストAFフォーカスレバー
ISO感度200~12800(標準)
100~51200(拡張)
モニター3インチ
104万ドット
シャッタースピード1/4000~30秒撮影枚数EVF:270枚、OVF:390枚
静止画フォーマットRAW:RAF:14bit(非圧縮)
JPEG:○
RAW+JPEG同時撮影:○
動画フルHD(1920x1080)
60fps
可動式モニター固定式内蔵フラッシュ
ネットワークWi-Fi:○記録メディアSDカード:SDXC
幅×高さ×奥行き126.5×74.8×52.4mm重さ419g (本体のみ)
469g (総重量)

センサーと画像処理エンジンは「X-T2」や「X-Pro2」と同じスペックなので画質は非常に期待できそうですね。フォーカスレバーが搭載されたのでAFエリアの移動が快適にできて便利そうです。

この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください。引用も自由にどうぞ!

FUJIFILM X100F

カメラ総合 売れ筋ランキング

コメント
コメントを投稿する