ライカ、薄型ボディ「ライカM10」を2月に発売(※追記あり)


ライカは、薄型ボディを実現したレンジファインダー機「ライカM10 (Type 3656)」を2月に発売すると発表しました。(※追記:発売日が1月28日に決定しました)

Leica M10 // ライカMシステム // フォトグラフィー - Leica Camera AG
  • ライカは、「ライカM10 (Type 3656)」を発売する
  • ライカMマウントを採用したレンジファインダー機
  • M型フィルムカメラと同等のサイズを実現
  • 2400万画素のフルサイズCMOSセンサーを搭載
  • ISOクリックダイヤルを装備し、ISO 100~50000の感度域に対応
  • バッファメモリーは2GBで、最高5コマ/秒で最大30~40コマの連続撮影が可能
  • RAWはDNG(ロスレス圧縮)に対応
  • Wi-Fi機能を内蔵
  • ボディは、マグネシウムダイカストのフルメタル製、合成皮革の外装、上蓋および底蓋は真鍮製
  • ブラックはブラッククロームメッキ仕上げ、シルバーはシルバークロームメッキ仕上げ
  • 価格は85万円前後
  • ※追記:発売日が1月28日に決定しました(2017年1月19日の記事から更新)

LEICA M10 Typ 3656 (ブラック)
LEICA M10 Typ 3656 (ブラック)
LEICA M10 Typ 3656 (ブラック)
LEICA M10 Typ 3656 (ブラック)

LEICA M10 Typ 3656 (シルバー)
LEICA M10 Typ 3656 (シルバー)
LEICA M10 Typ 3656 (シルバー)
LEICA M10 Typ 3656 (シルバー)

基本仕様
レンズマウントライカMマウント系センサーフルサイズ
36×24mm CMOS
画素数2400万有効画素ファインダーレンジファインダー(大型ブライトフレームファインダー)
連写5コマ/秒シャッタースピード1/4000~125秒
ISO感度100~50000(標準)モニター3インチ
103.68万ドット
静止画フォーマットRAW:DNG(ロスレス圧縮)
JPEG:○
動画-
ネットワークWi-Fi:○記録メディアSDカード:SDXC
幅×高さ×奥行き139×80×38.5mm重さ660g (総重量)

動画機能は非搭載になっており、静止画撮影を重視したカメラになっているようです。フィルムカメラ並みの薄型ボディはライカユーザーには歓迎されそうですね。

この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください。引用も自由にどうぞ!

LEICA M10 Typ 3656

家電総合 売れ筋ランキング

コメント
コメントを投稿する