ニコン、「KeyMission 360/170」の最新ファームウェアを12月9日に公開


ニコンは、「KeyMission 360/170」の最新ファームウェアを12月9日に公開しました。

アクションカメラ「KeyMission 360」、「KeyMission 170」用ファームウェアのダウンロードを開始 | ニコンイメージング
Nikon | Download center | KeyMission 360/170 Utility
  • ニコンは、「KeyMission 360/170」と「KeyMission 360/170 Utility」の最新ファームウェアを公開した
  • 【KeyMission 360 Ver.1.1】
    - iOS 10に対応
    - 「SnapBridge 360 / 170 アプリ」とのペアリング時の接続性を改善
    - Facebookへ全方位360°の静止画をアップロードする際に全方位360°の静止画にならない現象を修正
    - [ループ動画]での撮影時に記録されるファイルの分割数を、最大5ファイルから最大6ファイルに変更
  • 【KeyMission 170 Ver.1.1】
    - 一部のメモリーカードで、まれに「このカードは使えません」と表示されてしまう現象を改善
    - HDMIケーブルの抜き差し時に、まれにカメラが反応しないことがある現象を修正
  • 【KeyMission 360/170 Utility Ver.1.0.2】
    - お使いのモニターの解像度によっては、アプリケーションが正しく表示されない問題を修正
    - ViewNX-iからKeyMission 360/170 Utilityを起動させた際に、起動時に選択されている画像のプレビューが表示されない問題を修正

「SnapBridge」とペアリングの改善や、不具合の修正など重要項目があるのでアップデートしておいたほうが良さそうです。「KeyMission 360」は360°撮影が可能で6万円前後、「KeyMission 170」は170°撮影が可能で4万8000円前後の価格になっています。

この記事が参考になりましたらSNSやサイトで紹介してください。引用も自由にどうぞ!

KeyMission 360

KeyMission 170

ファームウェア

売れ筋ランキング
コメント
コメントを投稿する